」カテゴリーアーカイブ

Päivälehden museo(新聞博物館)

ヘルシンキ大聖堂から南へ徒歩10分もしないところにある、Päivälehden museo(päiväは「日」、lehdenはlehti「雑誌」の変化形、それで「新聞博物館」)へ行ってきました。ここは、Amos Rexと … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 政治, , 趣味, 電脳 | コメントする

Amos Rex

フィンランドの実業家で文化や美術を愛したAmos Andersonが残した財団によって運営されている美術館、Amos Rexに行ってきました。 実はこの美術館がある敷地におもしろい形の中庭があるのは前から知っていたのです … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, モノ, , 趣味 | コメントする

Oodi (Helsingin keskustakirjasto Oodi)

ヘルシンキ中央駅すぐ隣にある、Oodiこと、ヘルシンキ中央図書館に行ってきました。この図書館は2018年12月に開館、2019年の夏には世界で最も優れた新設公立図書館に選ばれたそうです(Helsinki Central … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, モノ, , 雑考, 電脳 | コメントする

ベリー&キノコ狩り(収穫編)

フィンランドにいる間に是非ともやりたかったことのひとつに、ベリー摘みとキノコ狩りがありました。 旬の頃は、山に入らなくてもちょっとした森で摘んでいる地元の人を見かけましたが、なかなか機会がなく、ベリーはまだしも、キノコは … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, , | コメントする

SavonlinnaのOlavinlinna

短い夏を精一杯謳歌する周囲のフィンランド人に刺激されて、そうだ、もっと旅をしよう!と思い立ち、古都タリンに二泊三日の旅行に行き、調子に乗って翌週にはオペラ祭りが開催されるお城Olavinlinnaで有名なSavonlin … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

Mister 100

実は、ベルギーでもっとも行きたかったのは、ビリヤードプレーヤなら誰でも知っている伝説のチャンピオン、クールマンスのお店。1978年の時点でワールドカップで100回のタイトルを獲得し、Mister 100という称号で呼ばれ … 続きを読む

カテゴリー: 撞球, , 趣味 | コメントする

Antwerpenの聖母大聖堂

Bruggeでボートツアーを楽しみ、そこから電車で1時間半ほどのAntwerpenを目指しました。 ここには、あの『フランダースの犬』で、パトラッシュとネロが息絶える前にやっと目にしたキリスト降架の絵を初め、ルーベンスの … 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

Bruggeのボートツアー

ベルギーからフィンランドに帰るフライトの前に、Bruggeのボートツアーと、Antwerpenの聖母大聖堂の両方を制覇するという無謀な計画。 朝早く出ていれば、Louvain-La-Neuvenの隣駅Ottigniesか … 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

Mussels食いまくり

Mussels(ムール貝)は西欧どこでも食べるものと思っていたら、ベルギーが名物らしく、年間6万トンも消費されているそうです。 バケツのような鍋で、セロリやタマネギなどの香味野菜と一緒にワイン蒸しにしたものが基本風味で、 … 続きを読む

カテゴリー: , | コメントする

Bloodstoneの話

観光案内にはほとんど出ていないけれど、ひとつとても興味を引かれたエピソードがあったのでご紹介します。 興味を引かれたのは、 ・いつの時代も、悪どいやつが幅をきかせ横暴を振るう ・悪どいやつらは、がめつくしぶとく生き延びる … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 政治, , 雑考 | コメントする