1年生の授業感想を読んで

学年末の成績も峠を越えて一段落。そういえばいつもこの時期は魅惑の国会中継があるので、何かと手が止まりがち。

評価の対象となる課題とは別に、授業について自由な感想を書いてもらったのを読むと、こちらの意図した学びがあったことに励まされたり、考えさせられたりする。

入学していきなりオンライン授業になってしまった1年生の受講感想からいくつか拾い出してご紹介。なお、試験期間が終わってからでも書けるように、まだ締め切ってはいないので、以下はその一部。

この授業は、相変わらず”Sound of Music”の映画を題材にしたもの。もう何年か続けているが、相手の学生は毎年変わるし、映画の時代考証や文化的バイアスなどの批判はあるにせよ、自分もまったく飽きてないので、問題ない。

授業では、場面ごとに台詞の聞き取りをしたり、発音指導や、台詞の音読を提出させて講評したり、復習として穴埋め課題に取り組んだりした。

まずは、授業方法についての感想(色づけは私によるもの)。

「オンラインにもかかわらず、クラスの友達と蜜に関わることができたのは、この授業だけでした。とても楽しく学ぶことができ、友達と関わる機会を作ってくださった淡路先生には本当に感謝しています。」

「オンラインという異例のことが起こりまくりの年でしたが、それでもクラスのみんなとグループ活動したりする機会が多い授業だったのでとても楽しかったです。」

「今年はコロナウイルスの影響で友達を作るのも大変でしたが、グループで話し合う機会を沢山作ってくださったお陰でクラスメイトともコミュニケーションを取ることができました。他の授業では中々クラスの人の顔を見る機会がなかったので、そういう意味でもこの授業は楽しかったです。」

唯一顔出しの授業でクラスの皆の顔が見れて嬉しかったです。」

「新型コロナウイルス感染予防のため、今年度は対面の授業ではなくオンライン授業でしたが、とても良かったと思います。ZOOMでの講義でしたが、大学に行かなくても実際に対面で授業を受けているように感じました。授業の振り返りでは、クラスの人達の意見や感想が見られることでとても参考になりました。」

「対面だったらどう授業が進んでいたのかわかりませんが、オンライン授業でも問題なく受けられて、今年の状態に適していたように感じました。」

「この授業は、自分の成長を1番感じられた授業となりました。」

多少のお世辞は混じっているのかもしれないが、それでも最後の感想はうれしい。それだけ、毎週かなりの作業を授業内外で行ってきているので、こういう実感が持てても無理はない。

授業ではビデオをオンにして参加してもらい、互いの反応や表情を見ながら授業を進めていたが、受講した授業でこれが唯一の顔出し授業だというのが驚き。まあ、オンデマンド型の授業もあるのだろうが、表情を見ずにコミュニケーションし続けるのは苦痛だろう。

授業では折に触れてブレイクアウトルームに分かれ、互いに意見交換したり、グループで課題に取り組んだり、それを持ち寄ってまとめたりしたが、これが学生間の関わりを生み出していて好評だったようだ。

何かとオンライン授業は質が落ちるなど批判の的になっているが、やり方によっては対面授業と遜色ない成果は出せると思う。

逆に、対面授業ではできないようなこともオンラインなら可能になることも多い。感想で触れられている授業の振り返りだが、毎回授業サイトの掲示板に書き残してもらい、投稿を終えたものは仲間の投稿を見られるようにしてあった。こういうことは対面授業では実現しにくい。

文科相は比較的強力に対面授業再会を求めてきているようだが、背景には学生たちのつながりが持てない不満があるらしい。そのようなつながりは、キャンパスで群れるばかりでなく、オンラインの授業でも工夫すればいくらでも作れる。

この授業の初めの頃、学生たちに授業外でのつながりはできているか尋ねたところ、Lineのグループすらできていなかったのに驚いた。そこですぐ、画面にQRコードを提示し合ってつながる機会を設け、その後は何かと連絡を取り合っていたようだ。

感染拡大のリスクとのバランスで考えれば、時期尚早な対面授業再開は賢明な選択とは言えないと思う。

 

次に、英語について、特に音声に関するもの。

「四月からこの授業をやってきて、発音の仕方の基礎を学ぶことができました。そのおかげで他の授業でもそのことを意識して発音することができました。また癖をつけることはできていないけれど当たり前のようにできるようにしたいです。」

「英語について学んだことは、発音できない単語は聞き取れないんだなということです。穴埋めなどをやっていて、何度聞いてもわからない部分の発音は自分がカタカナ英語で発音している部分だったことが多かったです。」

この授業を受けるまで、発音に注意したことがなかったので、授業を受けるたびに自分が成長した実感があり楽しかったです。」

「ネットフリックスで、映画やドラマを日本語で見てから次は英語音声、英語字幕でみるようになりました。なかなか理解できない言い回しがあったり、聞き取れなかったりしますが、地道に取り組んでみようとおもいます。」

「この授業は、自分の発音を聞く機会が多かったため、自分のできていないところをきちんと知ることができました。また、できていないところを先生が指導してくださるためそのままにならず、改善することができました。しかし、意識しないとすぐに正しい発音ができなくなってしまうので、今後は定期的に自分の発音を聞き、完璧にできるまで頑張ります。」

毎年英語の授業を担当していて感じるのは、大学に入るまで、まともに音声指導を受けていない学生が絶望的に多いこと。

まあ、中学の頃は多少は音読したり、発表活動などで英語を言わせることはあるようだが、発音を向上しようとか、きちんとした発音ができることを目指す積極的な指導はほとんどない。だから、多くの学生が「この授業を取るまで発音に注意したことがない」という感想を述べる。

音声指導が大事なのは、ネイティブっぽく、とか、ペラペラと流ちょうに、ということではなく、聞けなければ言えない、言えなければ聞けない、言えねば書けない、単語が覚えられない、という広い悪循環が生じるので、英語学習全体の効率が落ちるからだ。

ひとりの学生も書いているが、できないところを認識する、それができるように指導する、という至極当たり前のことが大学入学までになされていないのは、大問題。

この授業をきっかけとして、オンラインの動画サイトを学習に積極的に活用しようという気になってくれた学生がいたのもうれしい。

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

デジタル教科書に思わぬ足かせ:教科書検定制度

政府や業界は随分以前からデジタル教科書の普及に力を入れている。つい最近も、元首相の前衛隊長みたいな大臣や、ヘンなマスクをした大臣、ワニ動画好きの大臣らによるデジタル教科書について前のめりな発言が続いている(NHKデジタル「『教科書は原則、デジタル教科書にすべきと提案』平井デジタル相」2020年10月6日)。それぞれの大臣の発言には突っ込みたいところも多々あるが、ここでは割愛。

二年ほど前から、デジタル教科書の推進に向けて調査研究を行う私的な委員会に私も関わっている(もちろん、推進派というより、どちらかというと慎重派という立場)。先日その委員会で、学習者用デジタル教科書について発行元の関係者から直接話を伺う機会に恵まれた。そこで衝撃的な事実を知ったので紹介したい。 続きを読む

カテゴリー: 学校, 政治, 英語教育, 電脳 | コメントする

水中ウォーキング音声再生物語

どうも年末年始は腰痛をこじらせがち。今年は、大学共通テスト(旧称センター試験)の監督も割当たっている。あれは空き時間もなく続くので、えらく腰に負担がかかる。感染拡大でどうなるかと思いきや、文科大臣の「何が何でもやるぞ」宣言。

ならば、このままの腰ではシンドイので、来週末までには腰を回復すべく、鍼灸院で鍼治療。ある程度運動もした方がいいけど、いつものような毎朝10キロはやり過ぎと言われ、身体に荷重をかけないように運動しようと、プールの水中ウォークへ。

でも、牛歩なジジババを縫ってただ黙々と歩くのは退屈なので、Apple WatchとAirPods Proを持ち込んでPodcast聞きながら歩こうと、使用の可否についてクラブに問い合わせる。けど、どうもスッキリしない返事。要するに、シリコンのカバーで覆われていればよし、という理解。 続きを読む

カテゴリー: カラダ, モノ, 電脳 | コメントする

和食「たかひら」のコース料理

近頃よくランチを食べに行くお気に入りの料理屋さん、土日休日はコース料理のみ営業なので、3000円のコースを予約して頂いてきました。

IMG_3154通されたのは掘りごたつのあるお部屋で、窓からは、よく手入れしてある枯山水のお庭がよく見えます。

既にセットされていた先付けは、子持ち昆布や、ハマグリやエビの焼き物など盛りだくさん。あん肝や塩辛もあって、その日は酒が飲めない状況だったので悔やまれます。

お椀には、立派な松茸が。「たまたまあったから、大将が入れてみた」と、女将さん。何とも幸運。

お造りも10品目がきれいに盛り付けられて、素敵。

焼き物は、石鯛(だったかな?)の塩焼きに、立派な栗の渋皮煮。続いて、米なすの味噌田楽と、茶碗蒸し。

シメは、さっぱりとうどん。水菓子は柿。

これで3000円じゃ、申し訳なく感じます。内容も恐らく季節ごとに、大将の気分でいろいろ変わると思われるので、ちょくちょく行ってみたくなります。

続きを読む

カテゴリー: | コメントする

和食「たかひら」(物井)

自宅から車で7,8分ほどのところに、素晴らしいお店を発見。

しばらく前、佐倉に向かう途中の住宅街の中に、ひっそりと建っている店を発見。いわゆるグルメ検索サイトには出ていない。GoogleMapに出ているだけ。ユーザの報告を見ると、正統派の和食屋さんで、昼は定食を出しているらしい。

最初に行ったとき、駐車場のことを確認するため店の前から電話したら、もう一杯だと断られ、翌日に再訪。

IMG_3099料亭のような店構えで、入口には、小さな黒板に白墨で手書きしたお品書きが出ている。木戸をくぐると、右手には素敵な庭が見える。その先の玄関の扉を開けて入ると、センサーか何か付いているのか、玄関先に女将さんがお出迎え。一人だと伝えると、カウンターでもいいかと案内してくれた。靴を脱いで上がる。なんだか、知り合いのお宅にお邪魔する感じ。 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

中華なウェアラブルデバイスたち

授業もすべてがリモートになり、自宅から出ることが少なくなって、かなりの運動不足。そこで毎朝1〜1.5時間程度散歩することに。

IMG_3089せっかく歩くのならばと、最初はiPhoneのアプリを使って散歩の記録を取っていました。一定の距離ごとに歩行距離や平均速度などを音声で報告してくれるのはいいのですが、歩きながら聞いているオーディオブックとかラジオ番組がそのたびに聞こえなくなってしまうのが鬱陶しくなりました。

そこで、音声プログラムと干渉しないように、トラッキングは廉価な中華製のスマートウォッチ(スマートバンド)にやらせてみるべく、大人のおもちゃを買い求めてみました。使ってみると不満点なども出てきて、欲を出して少し高機能なものを買っていくうち、3つも並んじゃいました(汗。 続きを読む

カテゴリー: カラダ, モノ, 電脳 | コメントする

石窯焼ピザ「Pizzeria Prima Punta」(臼井)

週末は、先日車で走ってて偶然見かけた石焼き釜ピザのお店に。IMG_2759

住宅街にあるオシャレなお店。店の前には薪が。なんだか、薪が妙に気になる、今日この頃。

女子二人を含む三人で、三名用のランチセットを注文。好きなピザ2枚と、各自に前菜、デザート、ドリンク付きで、5600円ちょっと(値段よく見てない)という、お得なセット。

足りなかったら追加で注文すれば…なんて心配をよそに、立派な前菜盛り合わせ登場。いろいろな料理がちょっとずつ盛ってあり、ピザのために控えていたビールが、あっという間になくなりました。

奥さんは既に前菜だけでかなり満足・満腹の様子。足りないどころか、ピザを食べきれるのか、という心配に。IMG_2760

2枚のピザは、ちゃんと時間差を設けて焼いて供してくれて、気遣い感じます。ピザメインの部分も美味しいけど、耳に味わいを感じました。流石、石窯焼き。

IMG_2763

食後は3種類から選べるデザート。レモンのティラミスは、無傷で撮影する前に餌食に。写真は私のパンナコッタ。

駐車場は店の隣に2台分、通りを挟んだ向かいに3,4台分ありました。テイクアウトもやってます。

是非末永くがんばってほしいお店です。

カテゴリー: 家族, | コメントする

Zoomのブレークアウトルーム機能

本務校でもオンライン授業が開始されました。Zoomを使った31名の授業で、グループで話し合いをするのにブレイクアウトルーム機能を使ってみました(基本的な情報はZoomによるヘルプページ参照)。
 
グループ割りやメンバーの移動などは、教室での対面よりも簡単かもしれません。何グループあるいは何名のグループにしたいか指定すれば、ランダムに割り振ってくれます。
 
あいにく私からは学生画面でどのように見えているかわかりませんが、学生たちは特に問題なく、グループ内で話し合いを始めていました。
 
ホスト側からは、グループとそのメンバーリストが表示され、グループ名の横にある「参加する」ボタンをクリックすると、グループに加わることができます。にこやかに手を振りながら登場すると、学生たちも「あ、センセーだ!」と迎えてくれました。
 

続きを読む

カテゴリー: その他教育, 学校, 英語教育, 電脳 | コメントする

ミュンヘン大学の白バラ記念館

知り合いの先生のお薦めで、ミュンヘン大学の白バラ記念館を訪問しました。

白バラ運動とは、ナチス配下のドイツで、反戦ビラを配布した学生や教員による運動で、ナチスはそれに対して死刑判決を下して弾圧したという事件です(詳細はWikipedia参照)。

IMG_1397日本の大学には滅多にない、歴史を感じさせる建物の重厚な木のドア開けると、高い天井のホールと、広い階段。その奥の階段を下ったところに、結構な広さの部屋が記念館になっていて、資料や説明のパネルが展示されています。 続きを読む

カテゴリー: その他教育, ヒト, 学校, 政治, , 雑考 | 1件のコメント

イナリ市立図書館

IMG_1038

大人ウィング

イバロにあるイナリ市立図書館を案内していただきました。

最初の建物から数えると160年の歴史がある図書館だそうです。まさに、地域の知を支え続けてきた施設だと言えます。

エントランス部分には、他のフィンランドの図書館同様、ストックやウエイトなどの運動用具や靴などの貸し出しコーナーがあり、ちょうど図書館が処分する書籍の安売りコーナーも設けられていました。

IMG_1041

寒冷地に欠かせないコート掛けと、様々な貸し出し品

続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, モノ, 学校, 雑考 | コメントする