ワクチン接種事情と大学対面授業再開

朝ウォークで聞いていたラジオ番組で、イスラエルと英国のワクチン接種事情を聞いていて、我が国の状況を振り返り、なんとも言えない哀しい気分に。

【音声配信】特集「ワクチン接種が進んでいるイスラエル、イギリスの新型コロナウイルス事情」新田朝子×小林恭子×荻上チキ 2021年4月8日(木)放送分(TBSラジオ「Session」平日15時半~)

長く続いている悪夢の自民腐敗政権下で、「やってる感」だけで済ませてきたツケが一気に噴出している感じ。

恫喝や忖度など無縁のウィルスには、さすがの政権も為す術なしなんだろうな。

今年度は大学も基本的に対面授業再開という態勢で開始するが、これは多分に、一部世論(というより、ツイッターを中心に表明された不満)を受けて、萩生田大臣が大学に対して強力に要請したことを受けてのこと。

果たして、人数も多く、社会的にも行動範囲も自由度も高い大学生が狭いキャンパスに集まって授業をすることで、感染拡大につながらないのか。これまで構築された自分の知見と、文科省・大学の判断の間のギャップを埋めるのが苦しい。

せめてワクチンが行き渡るまで待てないのか。

そんな折、大阪での感染再拡大を受けて危機感を持った東京緑のタヌキが、都内の大学に対してオンライン授業を要請したらしい(日本経済新聞「都、大学にオンライン授業要請へ 学生からは戸惑いの声」)。

自分が担当した授業の範囲では、一部実技を伴う授業(授業実演など)では若干の制約はあったものの、Zoomを活用したリアルタイムの授業で、対面にも大きく引けを取らない内容の授業だったと感じるし、学生からの反応も良好だった。上の記事でも、学生の戸惑いと不満の声が報じられているが、何も不便被っているのは大学生だけじゃない。

これまでの政府の対応も、この二週間が勝負だ!とか、とても近視眼的対応が多かったが、この問題を乗り越えて行くには、年単位の覚悟が必要だと思う。

カテゴリー: カラダ, その他教育, 学校, 政治, 英語教育, 雑考 | コメントする

Magic Mouseの寸断現象

先週、ちょっとした不手際からメインマシンのMac miniのシステムをクリーンインストールする羽目になった。まあ、年度替わりのいい大掃除と捉え、インストールを済ませた。

アプリケーションなどの再インストールや各種再設定も面倒なので、サブマシンのMacBookからシステム移行アシスタントを使ってデータ移行。

その後、Bluetooth接続のMagic Mouseが頻繁に途切れる現象に苦しむ。ちょっとマウス操作が途切れるとスリープのような状態になり、すぐに復帰することもあれば、激しくマウスを動かさないと目覚めないことも。こんな状態では、カーソル移動だけで事足りそうな文字編集ならまだしも、アプリケーションを切り替えたり、マウス操作が必須な作業ではまったく仕事にならず。

続きを読む
カテゴリー: 電脳 | コメントする

ひるがお@東京駅ラーメンストリート

用向きにはまだ時間があったので、スルッとつけ麺。

本当は六厘舎の朝つけ目指して行ったら、「二人も」並んでたので、ちょうど隣で開店したひるがおの塩つけ麺に切り替え。

カテゴリー: | コメントする

総武快速新型車両

ちょっと前から、総武快速の新型車両がお目見え。入線してきてこの青い顔が見えると、何だか得した気分に。

実際、この車両には全シートに電源が備え付けられ、Wifiも飛んでます。ただし、グリーン車だけ。グリーン車と隣り合わせの車両から漏れてくるWifi電波を捉えられるかは不明。

続きを読む
カテゴリー: モノ, , 電脳 | コメントする

なにがSNSだい?こんなのsocialではなく、どっぷりcommercialじゃん!

商魂たくましすぎる顔面帳とお別れすべく、ニュースフィードには投稿せず、自分のブログに記事を投稿したお知らせのみを顔面帳内のページにアナウンスするだけの体制にしました。

すると顔面帳からは、やれページのPRが足りないとか、もっと多くの人にリーチするにはどうだとか、やたらとアドバイスする振りをしながら、隙あらば金をむしり取ろうとしてきます。極めて鬱陶しいです。

人と人とをつなぐsocialなネットワークを名乗るのもおこがましい、商魂丸出しのサービスでがっかりです。

カテゴリー: 雑考, 電脳 | コメントする

歩き方

腰痛が悪化して以来お世話になっている整骨院で、回復後も週に一度ストレッチしてもらいに行ってます。

そのとき、整骨院の先生が、歩き方を見ると、だいたいその人が身体のどこに問題を抱えているかがわかる、特に腰痛や膝の痛みは歩き方に特徴がある、って話に。で、「淡路さんも典型的な腰痛持ちの歩き方になってますよ」と。

どういう歩き方かというと、骨盤が動かず、能のように動き少なくあるいている、と。これにはかなりショックを受けました。

続きを読む
カテゴリー: カラダ | コメントする

Evernoteからの移行

2008年から使ってきたEvernoteだが、このところの度重なる「意欲的すぎる」アップデートのせいで、すこぶる使い勝手が悪くなった。それどころか、さっとメモを見ようとしても反応がなく再起ち上げを余儀なくされたり、日本語入力時に変換確定結果が消えて乱れるという、メモソフトとしては致命的な症状も出てきた。何か他の安定して使い勝手のよい移行先を探さねばならないと決意。

続きを読む
カテゴリー: モノ, 電脳 | コメントする

2020年度関東アマチュア四つ球選手権予選

残念ながら惜しくも予選落ち。ゲーム運びの内容は悪くないものの、緊張する環境下で試合慣れしていないため、調子が出るまでに時間がかかってしまうのが敗因。後半の追い上げ虚しく、アベレージで負けました。

カテゴリー: 撞球 | コメントする

天窓修理

取り付けてまだ三ヶ月くらいの天窓が動作しなくなった。

この天窓はセンサーで室温、湿度やCO2濃度をモニターし、状況に応じて開閉してくれるようになっている。二階に上がったとき、いつもより温度が高めに感じて確認してみると、センサーをコントロールするアプリで、天窓が認識できていない。

リモコンの電池など確認したが、問題ない。ブラインドは電源とは別に太陽電池で駆動するので動作する。可能性としては、天窓のコントローラがやられたか、電源周りのトラブルか。後者は考えにくい。数日前の雷のせい?

いずれにせよ、自分でできることはないので、日本ベルックスに連絡。デンマークが本社の会社なので、対応は時間がかかるかと思いきや、その日に地元の修理請負施工店から連絡。翌日には来てくれることに。

続きを読む
カテゴリー: モノ, 家族 | コメントする

Uusi pitkä kauha

サウナ小屋キットにはサウナ用の桶とひしゃくが含まれていたけど、桶の容量が少ないことと、ひしゃくの長さが短く、すくえる水の量が少なくて不満。

桶はともかく、ひしゃくは柄が短すぎて、桶から水をすくうのにいちいち前屈みになる必要があって面倒。

日本のサウナ用品ショップでも、柄の長いサウナ用のひしゃくが売られているけど、べらぼうに高い。そこで、エストニアにあるサウナ用品のオンラインショップから70センチのステンレス製ひしゃくを購入。送料15ユーロを含めても、日本で買うよりはるかに安い。

注文から15日ほどで到着。早速使ってみると、高い方のベンチに座った姿勢のままおかけら水をくみ、ストーブ上のストーンにゆっくりと水を注ぐことができるようになって、とても快適。

桶については、墓地によくある手桶にするか、モダンなステンレス製のバケツにするか、まだ検討中。

カテゴリー: サウナ, フィンランド, モノ, 趣味, 雑考 | コメントする