英語教育」カテゴリーアーカイブ

教師と著作権

たまには真面目な話題で呟いてみます。 授業についての研修・研究活動の運営に携わる中で、実務的な必要性に迫られて著作権についていろいろ勉強していると、どうも釈然としない点に気づきました。

カテゴリー: その他教育, つぶやき, 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

「カーン」と「キャン」

BGM代わりにつけていたテレビのワイドショーでは、「敗戦」記念日にちなんで、いろいろな話題を取り上げていた。 その中で、なぜか増田ユリヤが『日米会話手帳』を紹介。 例文に添えられたカタカナが発音に忠実で工夫されていると持 … 続きを読む

カテゴリー: 英語教育 | コメントする

「飛ばしちゃう」?!

2018年度版の教科書から、レッスン後半に多量のリーディングが入ってきているが、その多くを授業では扱わず(扱えず?)、飛ばしてしまう、訳を配るだけ、という対応をしている例が、教職をとっている学生に聞いたところ、非常に多い … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育, 電脳 | コメントする

「ナノティーチング」実習

今年度の教科教育法の授業では、語研が提唱する授業の基本をまとめた新刊本、『英語授業の「型」づくり−おさえておきたい指導の基本』を教科書に使っています。 この教科書に沿って授業の基本的構成や手順について学ぶと共に、中高の検 … 続きを読む

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

「指導案の書き方」

実習の報告に来た学生のひとりから、実習先の学校で、大学で指導案の書き方を教わっていないのか?指導案の書き方くらい、大学で指導してほしい、みたいなことを言われたと聞いた。 うちの学科から実習に行った学生について、そのような … 続きを読む

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

ゼミでの実習報告

実習から戻ったゼミの受講生のひとりが、実習について報告してくれた。とてもしっかりした報告で、普段はどちらかというとおちゃらけた感じの印象だったのが、すっかり見直してしまった。 中でも特に報告で特に印象的だったのは、

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

今年度最初の実習校訪問

最初の訪問は、埼玉県北部の学校で、研究授業が1校時目のため、始発の快速電車で。

カテゴリー: つぶやき, 学校, , 英語教育, 雑考 | コメントする

NHK「ウクライナ語で叫びたい」

リビングでふと一息つくときテレビをつけたら、ちょうど始まった番組。 すぐ、言語政策やアイデンティティなど、外国語教育を考える上でもすごくいい題材だと思い、確認してみると再放送あり。

カテゴリー: その他教育, 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

Kahoot!のプレーヤ数

授業準備をしていて、数年前から愛用しているKahoot!の画面に、人数制限の表示が出ているのに気付いた。10名までとなっていた(画像はアップグレード後の表示)。

カテゴリー: その他教育, つぶやき, 学校, 英語教育, 電脳 | コメントする

なり手がいないからって…

英語では以前から、在外経験のある社会人(?)を連れてきて仮免を出し、教員に仕立て上げちゃうということが行われていましたが、理科や数学でも?やれやれ… ポスドクを理科・数学教諭に 通常と別枠で採用、大阪市教委が方針:朝日新 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育, 雑考 | コメントする