ワイドショーの解説者さんたち

遠い北の国の独裁者について、忖度情報で判断ミスしたのだとか、Yesマンに囲まれ状況が見えなくなっているだとか、ほとんどワンマン社長が仕切る中小企業だとか、したり顔で解説してるけど、待ってくれよ、我が国でもつい先日まで(今でも?)そういう状況が続いていて、多くの問題が積み残され、うやむやのままじゃないのか?

長期にわたり権力の座に恋々と居座り、国家の屋台骨をガタガタにした問題のソーリは、その北の国の独裁者とは名前で呼び合うほど近しい間柄ではなかったか?

どの解説者も、日本との比較に言及しないが、不思議でならない。基礎的な情報が捻じ曲げられ、国民にも広く情報が公開されない状態が、いかに恐ろしい事態を招くか、これほど有意義な他山の石はないはず。

出演にあたり、ディレクターからその辺りの発言は慎むように言い渡されているのだろうか。

カテゴリー: つぶやき, 政治, 雑考 パーマリンク

コメントを残す