」カテゴリーアーカイブ

勝手にそんな代表選手にされちゃ

職場の同僚、靜先生がご立腹。理由は、松村昌紀編(2017)『タスク・ベースの英語指導 — TBLTの理解と実践』(大修館書店)という本の中での、靜先生による『英語授業の心・技・体』の引用され方。詳細は靜先生の … 続きを読む

カテゴリー: 学校, , 英語教育 | コメントする

前川喜平氏、望月衣塑子氏らによるトークイベント

前川喜平氏、寺脇研氏、望月衣塑子氏によるトークイベント「「当たり前」を問う勇気」に行ってきました。これは、角川書店が出版物のPRを兼ねたもので、本社ビルのこじんまりとした会場で、アットホームな雰囲気で行われたトークイベン … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, ヒト, 学校, 政治, , 英語教育 | コメントする

『茶色の朝』

ふらりと帰ってきて、翌朝にはバイトに出かけていった娘に朝食と弁当を用意し、駅まで送ってきて、まだ寝てる家族に朝食を準備し、さて締め切り間近の原稿執筆、という瞬間魔が差して、そうだ、積んであるあの本ならちょっとの逃避にもっ … 続きを読む

カテゴリー: 政治, , 英語教育 | コメントする

やりとりを通じて英語を教える

ゼミに相当する特別セミナーという授業では、教職を志望する3年生たちと、歌で発音トレーニングしたり、Paul Nationの”What Should Every EFL Teacher  Know?&#8220 … 続きを読む

カテゴリー: 学校, , 英語教育 | コメントする

NationがPalmerに言及

ほう、珍しい。 来年度ゼミで教科書として使用するPaul Nationの本を見ていたら、英語教育が「科学」的研究に「昇格」してからはほとんど正当な評価を受けることがなかった(言い過ぎ?)、Harold E. Palmer … 続きを読む

カテゴリー: ヒト, 学校, , 英語教育 | コメントする