フィンランド語の曜日

20170120英語の曜日を教えるときも、名前の意味や由来を説明してあげることでぐっと覚えやすくなります。フィンランドも同じ。英語と同じようにゲルマンや北欧神話にちなんだ名前もありますが、ちょっと違うのもあるのでまとめておきます。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

SavonlinnaのOlavinlinna


短い夏を精一杯謳歌する周囲のフィンランド人に刺激されて、そうだ、もっと旅をしよう!と思い立ち、古都タリンに二泊三日の旅行に行き、調子に乗って翌週にはオペラ祭りが開催されるお城Olavinlinnaで有名なSavonlinnaに行ってきました。
続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

Mister 100

IMG_7789実は、ベルギーでもっとも行きたかったのは、ビリヤードプレーヤなら誰でも知っている伝説のチャンピオン、クールマンスのお店。1978年の時点でワールドカップで100回のタイトルを獲得し、Mister 100という称号で呼ばれるようになり、その後店を開いたときにその称号を店の名前にしました。 続きを読む

カテゴリー: 撞球, , 趣味 | コメントする

Antwerpenの聖母大聖堂

Bruggeでボートツアーを楽しみ、そこから電車で1時間半ほどのAntwerpenを目指しました。

DSC00665ここには、あの『フランダースの犬』で、パトラッシュとネロが息絶える前にやっと目にしたキリスト降架の絵を初め、ルーベンスの大作が飾られている聖母大聖堂があります。ならば無理してでも足を伸ばしてみようとなったわけです。

大聖堂の正面には、後に現地でも知られるようになったアニメにちなんで、ネロとパトラッシュの像があります。 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

Bruggeのボートツアー

ベルギーからフィンランドに帰るフライトの前に、Bruggeのボートツアーと、Antwerpenの聖母大聖堂の両方を制覇するという無謀な計画。

朝早く出ていれば、Louvain-La-Neuvenの隣駅OttigniesからBruggeまで乗り換えなしの直通列車があったのに、もたもたしていて出遅れ。案の定、恒例の遅延や運行変更で乗り継ぎに時間がかかるも何とか乗り越え、昼頃Bruggeに到着。 続きを読む

カテゴリー: | コメントする

Mussels食いまくり

Mussels(ムール貝)は西欧どこでも食べるものと思っていたら、ベルギーが名物らしく、年間6万トンも消費されているそうです。

IMG_7810バケツのような鍋で、セロリやタマネギなどの香味野菜と一緒にワイン蒸しにしたものが基本風味で、その他いろいろなアレンジがあるようです。メキシカン風味なんてのもありましたが、見送り。 続きを読む

カテゴリー: , | コメントする

Bloodstoneの話

観光案内にはほとんど出ていないけれど、ひとつとても興味を引かれたエピソードがあったのでご紹介します。

DSC00351興味を引かれたのは、
・いつの時代も、悪どいやつが幅をきかせ横暴を振るう
・悪どいやつらは、がめつくしぶとく生き延びる
・悪どいやつらは、自分に都合の悪い歴史は塗り替えたり隠蔽しようとする
という点。

きっかけは、Tallinn Town Hallの展示。解説パネルと、丸い石二つ。読んでみると次のように書かれてました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 政治, , 雑考 | コメントする

Tallinn Old Townの旅

タリンの旧市街をゆったりと楽しんできたので、自分の覚え書きも兼ねて、旅のポイントを書き出しておきます。IMG_7226 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

エストニアはイタリア料理が美味い!

IMG_7211タリン旧市街のTown Hall Squareのテラスでひとりビールを飲んでいたら、斜め後ろの席から、イタリア語訛りの英語でオッサンが連れの若い子を全力で口説いてるやりとりが聞こえてきました。

「なぁ、… だろ?」
「だめ、ムリ」
「んなことないさ、な、ほら…」
「いや、…ダメ」

そのことについて呟いたら、それを見た知り合いが「エストニアはパスタが美味しい。何故ならエストニアの美女を追いかけてイタリアン人が北上してきたから」という言い伝えを教えてくれました。

ならば!と、イタリア料理の店を調べて評判の良さそうなところを見つけて食事してみました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, , | コメントする

Tammela学校訪問二日目

随分と間が空いてしまいましたが、市内公立普通学校での授業参観二日目のレポートです。

DSC00241二日目は、会議が入ってしまい、代替教員による授業となってしまうため、当初は見学を遠慮する予定だったのですが、後述するとおり急遽OKとなり、代替教員のILona先生による授業も含めて、1〜3時間目の授業を見学してきました。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする