東京ラーメン「成光」(神保町)

専修大で開催されるイベントに行く前、少し腹に何か入れておこうと、すぐ近くのワンタン麺が評判のいい店に行ったら、真っ暗。定休日でもなく、閉店時刻でもないのに。こちらの頭は真っ白。

胃袋は完全にワンタン麺しか受け付けないので、嗅覚と第六感だけを頼りにあたりをさまようと、赤い看板に「東京ラーメン」とでかく書かれた店発見、吸い寄せられるように入店、メニューも見ずに「ワンタン麺!」

これが大当たり。あとで調べたら評判もいい。なんでも、神保町の半チャンラーメン御三家のひとつだとか。

細麺に鶏ガラ醤油のあっさりスープ、細切りで歯ごたえのある支那竹、茹でほうれん草の緑、焼き豚は小さいながらも柔らかく味わい深い。

いい店に出会いました。

カテゴリー: 政治, | コメントする

弁当箱と箸

2017-11-24 22.28.55かなり頻繁に使ってきた弁当箱たちも少しずつ疲れてきたので、そろそろ代わりのものを買い求めようと探すも、条件に合うものがなかなか見つからない。

  1. 容量たっぷり
  2. カバンに縦に入れられるスリムさ
  3. 箸が内蔵できる
  4. 帰りは重ねてコンパクトに
  5. 内蓋はシリコンで電子レンジ対応
  6. 食洗機対応

すると、上のすべての条件を満たすものが、密林で発見。柄限定で投げ売りになっていたものを2つまとめ買い。

本当は味気ないプラスチックではない方がいいが、ステンレスの容器では電子レンジで温められない。かつて通った幼稚園で使っていた、みんなの弁当をいっぺんに温めるボックスのようなものならいいのだろうが。

まあ、容器の素材は妥協するとして、添付のプラスチック製の箸がどうにも我慢できない。直接食べ物を口に運ぶ大事な道具だし、プラスチックだと滑って使いづらい。

そこで、大きさと太さを確認するために、その箸を持参して探しに行った。東急ハンズにはなく、一応覗いてみた大丸の箸売り場で、長さ太さともぴったりの、鎌倉彫りの箸を見つけた。婦人ものでも21センチというところ、19.5センチという変なサイズ。早速2膳買い求め。

カテゴリー: モノ, | コメントする

Sony WH-1000XM2(ノイズキャンセリングヘッドホン)

気温も随分と低くなり、自転車で風切る耳が寒いので、高級な耳当てを間違って買った振りをして、オーバーイヤータイプのヘッドホンを購入しました。2017-11-24 13.57.40

Bluetoothによる無線接続で、ノイズキャンセリング機能がついた、ソニーのフラッグシップモデル。

従来、Bluetooth接続のワイヤレスタイプのイヤホン・ヘッドホンでは、音質面が課題でした。この機種は、LDACという高音質のコーデックに対応したことにより、音質が向上しました。「ハイレゾ級」というのが売り文句だけあって、音質は充分満足できるレベルです。

ノイズキャンセリング機能も、これまで使っていたBoseのQuiet Comfort 20iに勝るとも劣らないパフォーマンスです。こちらの方は元々のヘッドセットが耳を覆うタイプなので、遮音性も高くなっているので、ノイズキャンセリングの効果もより強く感じられます。

欠点としては、かさばること。常時着用か、首に下げておくという手もありますが、専用ケースに入れて持ち運ぶと、弁当箱くらいのスペースが必要です。それと、冬場はいいとして、夏場は暑そうです。汗かきの私は特に心配です。

とはいえ、短所はそれくらいで、バッテリーの持ち(連続再生30時間)も、音質もまったく不満ありません。

アプリと連動して、環境や動作に合わせてノイズキャンセリングと周囲の音のバランスを調整してくれる機能もありますが、私は基本的に電車で移動中に使い、歩くときには使わないので、あまりご利益を感じません。

電源ボタンと、ノイズキャンセリングの切替スイッチは左のユニットの親指がくるあたりに配置されて使いやすいです。

右のユニットでは、音楽の再生・停止、曲送り・戻し、ボリュームの調整がジェスチャーでできるようになっていて、これがとても便利です。ケーブルについたコントローラだと、位置を確認するのに手間取りますが、右のユニットをスワイプしたりタップすることでコントロール可能なので、とても簡単で手間がかかりません。

さらに便利なのは、クイックアテンションモードという、一時的に音楽とノイズキャンセリングを停止し、周囲の音をマイクで拾ってヘッドセットに流してくれるモード。右のユニット全体を手のひらで覆うと、クイックアテンションモードになります。これも、ちょっと店で買い物したり、車内検札に対応するときに便利。

でも、そのジェスチャーが、例の議員経費の使い込みが発覚し、号泣会見を開いたとき、すっとぼけるのに耳に手を当てていた姿とちょっとダブるのが気になるところです(画像)。

あ、もう一つ欠点が思い当たりました。せっかくウールのハットを買い、気に入ってかぶっていたのに、こいつのせいでそれがかぶれなくなりました。

カテゴリー: モノ, 電脳 | コメントする

ひと月早くうれしいサプライズ

今日のゼミでは、うれしいサプライズ企画がありました。

学生のひとりが私の誕生日の月と日付を逆に記憶していて、一月早いサプライズケーキをいただきました。

教卓の下に箱入りのケーキを置いて私を驚かせようとしたのが、私が気付かず不発。ゼミ中も挙動がおかしいので何かと思ったら、メッセージ入りの立派なケーキでした。

ろうそくが6本なのはご愛嬌。ケーキにチョコレートペンで書かれたメッセージの言葉は、私のゼミでの口癖だそうです。

さすがスマホ世代、ケーキを10等分するにもサッとツールが出てきます。ケーキに等分の補助線が引かれた画像を頼りにナイフを入れていくツールです。

カテゴリー: ヒト, 学校, 英語教育 | コメントする

我が家のかつぶし犬

朝の味噌汁の出汁を取った後の鰹節の出汁殻を、以前は佃煮にしたり、納豆に入れたりと、いろいろ工夫してましたが、息子が犬を連れ帰ってきてから、彼(息子ではなく、犬のセナ)にくれてやってます。

鰹節を濾したステンレスの網から、セナのステンレスの餌入れに出汁殼を入れるとき、「カンッ」という金属音がするのですが、彼はこの音すぐに覚え、離れた部屋で寝ていてもこの音ですっ飛んでくるようになりました。

そのうち、鰹節をかいているときに足元に待機していると、おこぼれが降ってくることを覚え、鰹節をかく音がすると足元に寄ってくるようになりました。なんともグルメな犬。

時々、意地悪してステンレスのボールと網で音を立てると、すっ飛んできて餌入れを確認し、出汁殻が入ってないとフンフンと訴えています。

我が家の出汁は利尻昆布と鰹節の合わせ出汁なのですが、昆布の出し殻も食べるかと思いきや、こちらには見向きもしません。つくづく贅沢な犬です。

カテゴリー: モノ, 家族, 雑考, | コメントする