Japanilainen Ravintola Fujimi(タンペレ)

IMG_8249今日の昼は、行こうと思ってなかなかチャンスがなかったJapanilainen Ravintola Fujimiへ。

Lサイズのランチ、18貫。こちらでありがちなハードプレスではなく、しっかりと握ってあるも、ふわっと空気を含んでいるシャリ。マグロも二貫入ってます。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

Vapriikkiの特別展Teatterikaupunki

IMG_8105今日は午前のミッションを終えて下宿に帰る前、ふと思い立ってVapriikkiという複合博物館施設に立ち寄りました。この施設については既にご紹介済み(博物館センター「ヴァプリイーッキ」)ですが、今回は隙間時間を利用して、いくつか展示中の特別展だけ観てきました。 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 政治, 雑考 | コメントする

Pop-up Textbook Fair

IMG_8100

夢中になりすぎて写真撮り忘れ、終了後の会場入口。

フィンランド人の指導教官が担当している、語学教員志望フィンランド人学生対象の授業の一環として、Pop-up Textbook Fairなるものやるというので覗いてみました。

文化教育学部棟にある、Edu’s Caféが会場。ここは普段も学生が自習やグループ活動などに自由に使えるスペースです。このイベントに合わせて、コーヒーやケーキなどを無料で提供するカフェもオープン。こういうところの計らいが、ニクい。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

ベリー&キノコ狩り(調理編)

念願のベリー&キノコ狩りに連れて行ってもらい、収穫してきたものを、早速料理しました。ツアーの様子は「ベリー&キノコ狩り(収穫編)」をご覧ください。

IMG_8068 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

ベリー&キノコ狩り(収穫編)

フィンランドにいる間に是非ともやりたかったことのひとつに、ベリー摘みとキノコ狩りがありました。

8319d960-7197-45f9-b000-11714456253d旬の頃は、山に入らなくてもちょっとした森で摘んでいる地元の人を見かけましたが、なかなか機会がなく、ベリーはまだしも、キノコはヤバいの摘んできてスッ飛んじゃったり具合悪くなったりしても困るので、どうしたものかと思っていました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, , | コメントする

タンペレ市美術館「手塚治虫展」

タンペレ市美術館で開催されている、手塚治虫展を観てきました。IMG_8004
 
9月7日の開展当日は研究家の講演などもあったのですが、さすがに混んでるだろうと思って外しました。こちらに来てから、すっかり人混み嫌いになっちゃいました。そういえばその日は、街のあちこちでマンガやアニメのコスプレびと(コスプレーヤー?)がうろうろしてました。
 
もともとマンガ愛読者ではないし、正直手塚作品にも、いくつかのマンガやアニメ作品を除いてのめり込むことはなかったのですが、手塚治虫の生い立ちから漫画家になるまで、そして晩年、また作品の変遷や思い入れなど、とても勉強になりました。ブラックジャックなども読んだことはなく、この展覧会で初めてマンガを目にしました。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

フィンランド語の月名

フィンランド語の月名は、曜日名以上にフィンランドらしさが感じられ、フィンランドでの季節感がよく表れています。誰の参考になるのかわかりませんが(苦笑)、とりあえず自分の整理のためにも由来を簡単にまとめてみました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

フィンランド語の曜日

20170120英語の曜日を教えるときも、名前の意味や由来を説明してあげることでぐっと覚えやすくなります。フィンランドも同じ。英語と同じようにゲルマンや北欧神話にちなんだ名前もありますが、ちょっと違うのもあるのでまとめておきます。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

SavonlinnaのOlavinlinna


短い夏を精一杯謳歌する周囲のフィンランド人に刺激されて、そうだ、もっと旅をしよう!と思い立ち、古都タリンに二泊三日の旅行に行き、調子に乗って翌週にはオペラ祭りが開催されるお城Olavinlinnaで有名なSavonlinnaに行ってきました。
続きを読む

カテゴリー: フィンランド, | コメントする

Mister 100

IMG_7789実は、ベルギーでもっとも行きたかったのは、ビリヤードプレーヤなら誰でも知っている伝説のチャンピオン、クールマンスのお店。1978年の時点でワールドカップで100回のタイトルを獲得し、Mister 100という称号で呼ばれるようになり、その後店を開いたときにその称号を店の名前にしました。 続きを読む

カテゴリー: 撞球, , 趣味 | コメントする