ソニーのノイズキャンセリングBluetoothイヤホンWF-1000X

何よりもまず音質は、さすがBluetoothのA2DPコーデックに対応しているだけあって、従来のBluetoothイヤホンとは比べものにならないくらい良い。見た目には、Apple製の耳からイカ刺しイヤホンに比べて若干ごっつい感じはするが、装着してみると見た目よりずっと軽快で、外れそうな感じはしない。シャンパンゴールドだと、肌の色に馴染んで、Apple製のイカ刺しほど目立つこともない。何しろ、コンパクトで携帯性がいいし、これなら暑い時期にも使用することができる。

装着中に落としてしまうことはなさそうだが、しいて言えば、屋外で外して専用のケースに収めるとき、うっかり落としてドブに転がっていっちゃう、という悲劇は想定できる。

ケーブルレスなので、服とケーブルがこすれる、いわゆるケーブルノイズからは解放される。何しろ、ケーブルにつながれていないのはスッキリ気持ちがいい。しかし、歩行時に靴底の振動が伝わって聞こえてくるという別のノイズがつきまとう。これは、オーバーイヤータイプのWH-1000XM2では発生しないので、耳の穴を密閉していることに由来するものと考えられる。

バッテリーの持ちは、公称値では連続音声再生時間が3時間。専用ケースはバッテリーを兼ねており、ケースに収めると自動的に充電されるが、2回分程度の充電しかすることができない。充電するタイミングがちょっとむずかしいかもしれない。

使用開始の際、装着手順にちょっとしたコツがあることがわかった。

左右のイヤホンはBluetoothで通信を行う。左のピースには電源ボタンがついており、メインのピースとして機器との通信を行っている。右側のピースは、左側ピースによって通信制御されている。ケースからイヤホンを取り出すと自動的に電源がオンになり、左右のピースで通信が確立されることになっている。しかし、ケースから出してすぐに耳に装着すると、人の頭が間に入って絶縁体として作用してしまい、左右の通信が確立できず、左側しか音が出なかったり、右側の音が極端に小さくなったりする。

これを避けるには、ケースから出したら左右のピースを手に持ち、少し間を置いてから装着すると、左右の通信が阻害されない。もし阻害されてしまった場合は、右側のボタンを長押しして離すと、左ピースでバッテリーレベルのフィードバックが聞こえ、その後正常に戻る。

イヤホン自体がかなり小型なので、装着中の操作はWH-1000XM2と比べてやりやすいとはいえないが、ボタンを押すことによって外れてしまうということはない。再生中の音楽を止めるには右ボタンをクリックする。ダブルクリックすると次の曲、トリプルクリックで前の曲に戻ることができる。左側のボタンは、押すごとにアビエントサウンドモード(周囲の音も聞こえる)、オフ、ノイズキャンセリングのモードが入れ替わる。長押しするとデンげをオフにできる。右側のイヤホンも同時にオフになる。

マニュアルをよく読まないと勘違いしがちだが、いったん電源をオフにしたものを、ケースに収めずに再度オンにするには、両方のボタンを同時に長押しする必要がある。

WH-1000XM2では、右のヘッドセットを手で覆うと一時的に外部の音声を聞くことができ、コンビニのレジなどで便利だが、そういうジェスチャーは提供されていない。また、音量の操作もイヤホンからはできないのが面倒である。

カテゴリー: モノ, 電脳 | コメントする

(今さらながら)Chromebookを試してみる

背景

これまでもっともスタイリッシュでスッキリとしたパソコンとしてApple製品を愛用してきたが、Steve Jobs亡き後、品質管理面で不安を抱かざるをえない事象が続き、この調子でAppleのクオリティーコントロールが低下していったら、どのPCを使えばいいのだろう、と考えていたとき、Office 365」が「Chromebook」で使えるのに、まだWindowsが必要?という記事を目にして、Appleがさらに劣化してしまったら乗り換えるPCとして可能性を感じ、今更ではあるがChromebookに興味が湧いた。

Chromebookとは

Chromebookとは、Googleが開発提供するChromeOSで動作し、アプリケーションはChromeブラウザのみでほとんどのことをまかない、データはクラウドに置くという潔い設計のPC。システムも軽量でアプリケーションもChromeのみで済むため、ハードウェアのスペックもそれほど高くなくても軽快に動作する。そのため従来のラップトップPCに比べて価格も低く抑えられる。米国の教育市場などではかなり浸透しつつあるが、日本では相変わらずWindowsPCに押されて、今ひとつ普及していない。

購入まで

早速、日本で販売されているChromebookの実機を量販店など触ってみた。携帯性やキーボードの打鍵感、画面の広さなどを勘案して比較してみたところ、ASUSのC101というモデルに狙いが定まった。ところが、ひとつ問題なのがキーボード。USキーボードひと筋で慣れ親しんできた身としては、JIS配列のキーボードはできれば避けたい。量販店の店員に聞いてみると、国内で販売されているものはすべてJIS配列で、USキーボードは購入不可能だときっぱりした回答。

そこで美国密林で調べてみると、送料含めてもUS$368(換算レートで36733円)で、むしろ日本で買う(48360円)より安い価格で購入可能だと判明、早速注文した。12月22日に発注して、29日には到着という驚くべき速さ。

使用感

早速開封していじってみる。最近アップルが採用している薄型のキーボードは、パタパタパチパチと打鍵音がうるさい割に押し込んだ感がないが、C101のキーボードはかつてのMacBookAirのようにある程度押し込んだ感じがあり、ほとんどキー音もせず打ちやすい。これならまとまった文章を書くのもまったく苦にならない。

システムのインタフェースもそれほど違和感がなく操作できる。ほとんどすべてのことがChromeブラウザで処理されるという特徴も、近年のHTML5の進化ぶりが背景にあるので違和感がない。

ほとんどの作業をブラウザ上で行い、データもGoogle Driveというクラウドに置くため、ネットワークへの接続がなければどうしようもない。しかし、自宅や職場なら無線環境が整っているし、出先ではiPhoneでテザリングして接続することができるので、特に問題はない。日本でも格安SIMと呼ばれるMVNOが普及してきたので、SIMを指せるスロットがあればもっと使いやすくなるのではないか。

iPhoneとのテザリング付記

MacBookに比べて、Chromebookの場合は接続までにやけに時間がかかったり、iPhoneの無線を捉えられないことが多くて調べてみると、あるコツがあることがわかった。

iPhoneの側の設定でインターネット共有のパネルを出し、Chromebook側が電波をつかむまでパネルを開いたままにしておく。理由は分からないが、これだとウソのように安定して電波を捉えられる。

独特の流儀

さて、使い始めてみると、Chromebookの「流儀」というかインタフェースの特徴がいくつかあった。ひとつには、ローカルストレージと、システムがデフォルトとしているデータ保存領域のGoogle Driveとの関係がやや捉えにくい。また、従来のアプリケーションのインストールに相当する考え方についても、ちょっと癖がある。

Chromeブラウザに機能を追加するというChromeOSの基本形に加えて、ChromeOS上でAndroidをエミュレートし、そこでAndroidアプリを動作させる形も併存する。後者の場合、すべてのAndroidアプリがきちんと動作する保証はない。ローカルストレージをユーザが直接操作することはあまり想定していないらしい。別の記事で書く予定だが、Androidアプリでローカルに保存したデータを操作しようとするとき、ちょっと面倒なことになる。

背景でも触れた、Chromebookへの関心のきっかけとなったMicrosoft Officeも、これがわかっていないと戸惑う。従来もChromeへの拡張機能としてブラウザ上で動作するWordやExcelなどのOfficeスイートは存在した。しかし、Google Driveを前提としているのでネットに接続していないと使いにくく、動作速度や機能面でアプリケーションに比べるとやや見劣りする。

今回新たに使えるようになって話題となったのは、Androidで提供されているアプリケーションのOffice。こちらの方がオフラインでの作業もしやすく、機能面でもWindows版やMac版と比較して、ひどく劣っているということもない。ただ、データの扱いという点では、アプリからのローカルストレージへのアクセス権限に制約があるため、やや使い勝手が悪い。

この2つの異なるOfficeは別物で、ブラウザ機能拡張版はウェブストアから、Android版はPlayストアからそれぞれダウンロードしなければならない。

愛用しているEvernoteもChromeの拡張機能版とAndroidアプリ版が存在し、それぞれ動作が異なる。Chrome拡張機能版のEvernoteは機能的にはやや劣るものの、ローカルストレージに実データは持たないため、メモリ領域が逼迫していても安心して使える。ただし、ノートやノートブックにアクセスがあるたびにネットワークからデータをダウンロードしてくるので、若干動作がもたもたする。したがって、ネットワークに接続していないときには使えない。一方、Androidアプリ版は、すべてではないようだがかなりのデータをローカルストレージに蓄えているので、オフラインでもある程度使える。

強まるGoogle依存

まあ、そもそもGoogleが提供しているOSを使っている以上仕方ないことだが、いろいろな面でますますGoogle依存が進行していくのがやや心配なところ。

まず、何はさておき、Googleにアカウントがなければ始まらない。アカウントにログインせず、ゲストモードで使うことも可能だが、それでは本当にただのブラウザ端末に過ぎなくなってしまう。逆に言えば、Googleアカウントにログインしさえすれば、いろいろな設定やデータも何の苦労もなく新しいChromebookに移行できるという強みでもある。

その他、Google依存進行例を挙げると、ChromeOSからDropboxを呼び出してデータのやり取りができるようにする機能拡張が提供されているので、従来通りDropboxも使えるが、やはり操作性やOSとの親和性という点ではGoogleDriveに軍配が上がるため、GoogleDriveの利用率も上がる。ブラウザについても、FireFoxが使えるようになったらしいというニュースは見たが、実質的にはブラウザはGoogleChrome以外の選択肢はないので、他のマシンでもChromeブラウザを使うほうが、ブックマークの動機や拡張機能の連動などで便利なので、メインのブラウザもGoogleに絡み取られることになる。私はEvernoteをヘビーに使っているので移行は考えず、ブラウザ拡張機能版のEvernoteアプリを使っているが、そうでもなければちょっとしたメモやクリッピングはGoogleKeepを使うのが便利である。

Macからの移行

今やMacでも扱うデータの多くはクラウドにあり、ブラウザで様々な業務をこなすのが普通になっているので、移行と言ってもそれほど違和感もなく、データなどの移し替えで苦労はない。それでも、いくつか慣れと工夫が必要な点はある。

まず、Macのコマンドキーに相当する位置にALTと印字されたキーがあり、その隣にCTRLキーがある。実はこのコントロールキーが、Macのコマンドキーに相当する働きをする。Macユーザにとっては、ALTキーがCTRLキーとして動作してくれる方が使い勝手が良いので、これを設定によって変更すると使いやすくなる。

設定を開くには、Windowsのタスクバー、MacではDockに相当する「シェルフ」と呼ばれるロンチャーで、時刻やネットワークステータスなど各種情報が表示されている部分をクリックする。このシェルフは、ALTクリックによって、表示位置を左右下のいずれかにしたり、自動的に隠すような設定にすることができる。設定のキーボードを開くと、各種キーの動作を指定することが可能になっているので、ALTをCTRLを入れ替える。

インストールしたアプリも含めて、ほぼすべてのアプリケーションのウィンドウは、Chromeブラウザのタブとして表示される(これは設定によって独立したウィンドウとして開くことも可能)。アプリごとのメニューバーというものはないことがほとんどで、アプリによってはウィンドウの上部左右のどちらかにメニューが開くボタンがあり、そこから設定などにアクセスできることがある。アプリの設定を一元的に管理できるパネルは用意されていない。

かな漢字変換は、Google日本語入力が搭載されている。変換精度はまあまあだが、変換で使うキーの割当が異なるので困る。MacでATOKやことえりに慣れ親しんでいる場合は、設定の言語と入力で入力方法を設定できる。

インストールしたアプリや拡張機能

  • OfficeAndroidアプリ)
  • File System for Dropbox(拡張機能版):ChromeOSからDropboxにアクセス
  • Evernote(拡張機能版)
  • Evernote Web Clipper(拡張機能版)
  • EBPocket(Androidアプリ):EPWING辞書の検索ソフト
  • Amazon Kindle(Androidアプリ)
  • WordPress(Androidアプリ):WordPressの更新ツール
  • LINE(拡張機能版)
  • KeePass(拡張機能版):パスワード管理
  • Kami(拡張機能版):PDFの閲覧や編集
  • データセーバー(拡張機能版):ウェブデータの最適化で通信量軽減
  • AdBlocker Pro(拡張機能版):広告の抑制
  • Sticky Notes(拡張機能版)
  • Blow Torch(Androidアプリ):MUD/MOOにアクセスするクライアントソフト
  • ファイルマネージャー+(Androidアプリ):標準装備のファイルアプリよりもシステム全体のストレージが管理できる

小道具など

ASUS Chromebook Flip C101PAのキーボードには、バックライトがついていない。ある程度の暗がりでもタッチタイプできるが、やはり手元が確認できる方が便利なので、コンパクトなUSBライトを購入した。夜の車内や、暗い講演会場などで効果を発揮するかもしれない。

Flipというだけあって、このChromebookはモニタ部分を360度折り返してタブレットモードで使うことができる。センサーがついていて、flipしているときには、背面にくるキーボードは無効になる。タブレットモードで使用するときに便利かもしれないと、タッチペンを買ってみた。

ちょっと使った感じでは、あまり感度は高くなく、指の方が使いやすい気もする。感度の悪さは、画面に張った保護フィルムのせいかもしれない。しばらくしたら、ガラスのものに変えてみるか。

71MoTIAdETL._SL1200_C101には、microSDカードスロットが搭載されている。作業データはクラウドにおいてもいいとして、映像など馬鹿でかいデータを扱いたいときに便利なのと、辞書検索ソフトで検索する数GBある辞書データを置いておくのに使えると思い、データ置き場としてmicroSDカードも買い求めた。

ところが、システムからSDへのアクセス権限が限定的で、結果としては目論み通りに辞書データを扱うことは叶わなかった(これについては別記事で)。いずれChromeOSでのSDの扱いも変更されるかもしれないので、それを期待する。

61Oi4bpoKhL._SL1250_せっかく900グラムという軽量さを活かすには、あまりごついケースは使いたくない。最初はネオプレンの薄型スリーブを考えたが、ちょっとチープすぎる。それで目にとまったのが、【2013年モデル】ELECOM レザーケース タブレットPC 10.1インチ対応。ちょっと古い製品だが、レザー製で、蓋のまちが大きく、ゴムバンドで留めるタイプなので、Chromebookに限らずいろいろな大きさのデバイスを入れられる。思い切って、レッドにしてみた。

予想以上に分厚い革で重みもあるので、インナーバッグと言うより、そのまま持ち歩くのに適しているかも。

できないこと

CPUパワーは高くないので、負荷のかかるようなマルチメディアデータの編集作業は、安定して使えそうなアプリがない。授業の教材作成で、MP3の編集や、動画の切り貼りなどをすることが多いのだが、Chromebookでは処理できそうにない。同様に、画像の編集ソフトも使いやすく高機能なものはあまりない。

通常はフォントのインストールができず、標準で搭載されているフォントもごく限られたものなので、印刷する文書を本格的にデザインして編集する作業はできない。

システムにドライバなどを追加することはできないので、ネットワークに接続されているプリンターでも、Chromebookから直接印刷することはできない。GooglePrintを経由したり、コンビニのネットプリントサービスを利用すれば印刷は可能になるらしいが、試したことはない。

その他

使ってみていろいろ学んだり発見したことを、自分の備忘も兼ねて列挙しておく。

  • ヘルプキーコンビネーションのヘルプは、ALT + CTRL + スラッシュキーで表示される。ページ送りやタブやウィンドウの切り替えは覚えておくと作業効率がぐんとアップする。
  • ファイル一覧できる操作はごく限られてはいるが、MacのFinderに相当するファイルというアプリのウィンドウは、ALT + SHIFT + mで呼び出せる。
  • スクリーンショットCTRL + F5(ウィンドウ一覧)でウィンドウ全体のスクリーンショットが、CTRL + SHIFT + F5で指定範囲のスクリーンショットが撮影可能。これはDownloadsフォルダに保存される。

まとめ

価格が安いPCと考えてしまうと、何かと削られた機能に目が行ってしまい、あれができないこれもできないとなりがちだが、これだけ軽量で長時間利用可能で安定したツールが、4万円以下で手に入るのは魅力的。ChromeOSで提供されている機能は、PCで日常的に使う機能をほぼ網羅しており(というか、それだけGoogleに絡め取られていると言うことだろうが)、その意味では出先でのモバイル環境としては申し分ない。

これでAppleが凋落するのも狼狽せずに見守れるかもしれない。

カテゴリー: モノ, 趣味, 電脳 | コメントする

前川喜平氏、望月衣塑子氏らによるトークイベント

前川喜平氏、寺脇研氏、望月衣塑子氏によるトークイベント「「当たり前」を問う勇気」に行ってきました。これは、角川書店が出版物のPRを兼ねたもので、本社ビルのこじんまりとした会場で、アットホームな雰囲気で行われたトークイベントでした。

望月記者の講演は何度か聞きに行ったことがありましたが、「生」前川さんは今回が初めて。司会役はミスターゆとりこと、寺脇研氏。寺脇氏は前川さんの共著者でもあり、文科省時代の先輩後輩にあたる関係で、前川さんと望月記者をつないだのも寺脇氏だそうです。2017-12-26 19.13.25

前川さんは、記者会見や参考人質問でしか見たことがなかったので、キリッと真面目な印象しかありませんでしたが、とてもオヤジギャグ好きで、気さくな感じでした。

印象に残った発言としては、文科省を辞して野に下って以来、さまざまなしがらみがら解放され、とてもすがすがしく、自由を謳歌している気分で、事務次官時代はいかに発言が制約されていたかがうかがわれました。参考人として発言したことについてさぞかし勇気が必要だったのではと問われ、かつて事務次官として答弁に立ったのに比べると、言ってはいけないことや気兼ねもまったくないので、自分が知っていることをありのままにしゃべればよく、とても楽な心持ちだったそうです。

参考人質問のとき議場にいた人はみな知った人ばかりで、そういう意味でも緊張もなかったのが、ただ一つ、元愛媛県知事の加戸氏と二人で控室で昼食を取ることになったのは気まずかったそうです。

仮に現職のまま加計学園問題について答弁することになったとしたら?という問いには、それこそ面従腹背で、政権が望むとおりの答弁をしておきながら、裏ではそれを覆すための情報をメディアにリークしていたかもしれない、と答えていました。

これからの教育についての関心事を聞かれると、道徳の教科化について懸念を示し、現在検定を通っている教科書の中には、本来の道徳科が目指しているような、答えがないような問題にどのように対応するか、考えを持つかに反するような、悪しき正解主義が含まれている物があるというエピソードを、「正しいあいさつの仕方」を例に挙げて紹介していました。

望月記者のお子さんも来年から小学校に上がるそうで、保護者としてもどんな教科書か、きちんと見ておいた方がいいですよ、と前川さん。望月記者には、道徳科や小学校の英語教育、入試改革など、どうも商人の利益誘導臭がプンプンする問題に切り込む本をまとめてほしいところです。

前川さんは、学習指導要領は法的拘束力を持つものなのでどうしようもないが、その内容と現実の状況をギリギリのところで何とかつなごうとする涙ぐましい努力が、指導要領解説書ににじみ出ているということも触れていました。

今後、悪い方向に流されないためにはどんなことを心にとめて置くべきかについては、道元の「眼横鼻直」(がんのうびちょく)という言葉を挙げ、あれほどの名僧でも中国への遊学を通じて、当たり前のことが当たり前であることにようやく気づいた、我々も当たり前のことをしっかりと認識する必要がある、と言っていました。

憧れの人物は、意外にも、迷わずチェ・ゲバラを挙げ、自分の生き方とはまったく異なるけれども、「何しろ、かっこいい!」と絶賛していました。

カテゴリー: その他教育, ヒト, 学校, 政治, , 英語教育 | コメントする

小滝橋通り(新宿〜大久保)のメシ屋

新大久保にあるビリヤード小林に撞球のお稽古にしばしば行きます。店が昼から開店なので、どこかで昼飯を食わねばならないタイミングが多くあります。

新宿で山手線に乗り換えて新大久保で下車するのが普通ですが、改札が工事中でごった返しているのと、新大久保駅周辺は吉野家、回転寿司、つけ麺くらいしかありません。

そこで新宿から新大久保まで小滝橋通りを大久保方面に歩いてみると、途中でいくつか魅力的な店があることに気づきました。そんな店を紹介しようと思います。

ひとつめは、既になくなってしまった店ですが、そば新です。この店は、世田谷中学校に勤務していた頃から、自由が丘店を愛用していたのですが、新宿にもあることを最近になって知りました。いつもの「石臼蕎麦鴨せいろ2玉」はお勧めです。残念なことに、よくわからないカレーを中心とした店に置き換わりました。

ふたつめは、そば新なきあとに目をつけた、蕎麦屋の「嵯峨谷」。何度か前を通り、石臼挽きという看板が気になっていましたが、入ってみると立ち食いではなく、意外と普通の蕎麦屋。

券売機には「鴨南蛮」しかないのですが、「せいろにもできます」と書いてあります。一応大盛りにしてみましたが、普通でも充分な盛りで、おまけに揚げ餅がひとつ付いてきます。蕎麦は十割という触れ込みですが、機械で打っているのか、かなり平たい幅のある麺。まずくはありませんが、ちょっと喉ごしが落ちます。汁は結構濃いめで、残念ながらそば新ほど鴨肉は入っていません。汁が多すぎて、そば湯を足して飲むとき、適正な濃度になるのに随分手間がかかりました。

みっつめは、ランチに炭火焼きの魚定食を食わせてくれる「こがね屋」。やはり炭火で焼くので、外はパリッと、肉はジューシーです。夜も焼き魚で飲めるようですが、飲む時間にこっちの方には来ないのが残念。チェーン店ではないようですが、御徒町にも支店があるようです。写真は、鯖のへしこ焼き(しょっつるでつけ込んだ干物)のダブル(半身ではなく)。

最後に、家庭料理の食事の店「さつき」。ここは、いちばん大久保よりで、これまで他の店で食べてから歩いていて気になっていた店です。

実は、個人的にはあじフライとカキフライ、可能ならそれにコロッケなど加えて楽しめるミックスフライ定食のようなものを想定して暖簾をくぐりました。でも、そういうメニューは発見できず、勢いで「あじフライ定食に、単品でカキフライ定食つけられますか?」って口をついて出ちゃいました。お店の人も若干躊躇していましたが、無事料理が供され、その瞬間、完全に食い過ぎだと判明しました。

牡蠣はかなり大ぶりのものをしっかり衣で包んでありました。揚げ具合も、中はとろっとジューシーな感じで、申し分ありませんでした。あじフライは、小ぶりの味を腹開きの三枚に下ろしてフライしてありました。

食べながら気づいたのですが、定食の味噌汁を豚汁にしてもらえば良かったと後悔しました。次に行ったときには、頼んでみます。

『東京ノスタルジック食堂』という本で紹介されたページのコピーが壁に貼ってありました。隣にはやはり同じ本に載った弟さんの店の記事が出ていましたが、ここはかつて大学院生時代にNHKでリサーチャーのバイトしていた頃、よく行った店です。

 

カテゴリー: | コメントする

東京ラーメン「成光」(神保町)

専修大で開催されるイベントに行く前、少し腹に何か入れておこうと、すぐ近くのワンタン麺が評判のいい店に行ったら、真っ暗。定休日でもなく、閉店時刻でもないのに。こちらの頭は真っ白。

胃袋は完全にワンタン麺しか受け付けないので、嗅覚と第六感だけを頼りにあたりをさまようと、赤い看板に「東京ラーメン」とでかく書かれた店発見、吸い寄せられるように入店、メニューも見ずに「ワンタン麺!」

これが大当たり。あとで調べたら評判もいい。なんでも、神保町の半チャンラーメン御三家のひとつだとか。

細麺に鶏ガラ醤油のあっさりスープ、細切りで歯ごたえのある支那竹、茹でほうれん草の緑、焼き豚は小さいながらも柔らかく味わい深い。

いい店に出会いました。

カテゴリー: 政治, | コメントする