英語教育」カテゴリーアーカイブ

「外国語」が「英語」にすり替わった過程

ここ記事では、もともと「外国語」教育として導入されたものが、どういう経緯で「英語」に限定されてしまったのかを記しておこうと思います。 小学校での英語については、一般には「今じゃ、英語は小学校からやっている」という程度の認 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育 | コメントする

Pop-up Textbook Fair

フィンランド人の指導教官が担当している、語学教員志望フィンランド人学生対象の授業の一環として、Pop-up Textbook Fairなるものやるというので覗いてみました。 文化教育学部棟にある、Edu’s … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

フィンランド語の曜日

英語の曜日を教えるときも、名前の意味や由来を説明してあげることでぐっと覚えやすくなります。フィンランドも同じ。英語と同じようにゲルマンや北欧神話にちなんだ名前もありますが、ちょっと違うのもあるのでまとめておきます。

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

撤退が出るとは

ちょっと驚きのニュース。 「TOEIC 大学入学共通テスト撤退へ 運営複雑理由に 受験生に影響」(https://mainichi.jp/articles/20190702/k00/00m/040/062000c) ※本 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

英語教育界も大学も、かなりマズいところまで来てしまっている。

羽藤先生のブログ記事を読んで驚愕しました。民間試験広告塔のように愚かしく宣伝する文科大臣の脳天気な姿などどうでもいいと思えるくらい、学内でこんな恐ろしい展開があったとは!仮にも大学という学問研究の場で、責任ある人物らが、 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育 | コメントする

フィンランド語の数字

どんな外国語でも、頭の中で訳していてはダメ、とはよく言われますが、その弊害がもっとも顕著に出るのが数字かもしれません。どんな外国語であれ、数字というのは感覚としてすんなり理解できるようになるまでには相当時間がかかると思い … 続きを読む

カテゴリー: フィンランド, 英語教育 | コメントする

Kikatusを参観

タンペレ市では、2016 年度から今年度まで、1,2 年生を対象に Kikatus(文字通りの訳は giggle)という外国語へのいざないの授業を展開していました。 これは、英西中仏独露と公用語であるスウェーデン語の中か … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 英語教育 | コメントする

長野へ実習指導

軽井沢のちょっと先にある高校で実習中の学生の授業を、赤鬼青鬼ふたりで参観に行ってきました。 リーディングの導入にALTとの掛け合いで、ニュース仕立てのダイヤログを見せるという工夫をした授業。研究授業も、ALTとのTT形式 … 続きを読む

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

「人材が不足してても強行する国策」電子黒板バラマキの次は、これか。

清々しい朝、びっくりがっくり怒り心頭のNHKのニュース。 小学校英語の先生は… 人型ロボット!人材不足の救世主 福岡 2018年6月8日 19時21分 今年度から多くの小学校で英語の授業が3年生から必修化されましたが、各 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育, 電脳 | コメントする

教育実習訪問キャラバン2018鹿児島編

今年度は、どういうわけか、遠方の実習生が北と南にくっきり分かれた。最北の青森県大間に靜先生と二人で行く予定だったのは、実習校の行事の都合で授業がなくなったため、やむなく中止。 もう一人の青森の実習生は靜先生が(ブログ参照 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 学校, , 英語教育 | コメントする