政治」カテゴリーアーカイブ

ミュンヘン大学の白バラ記念館

知り合いの先生のお薦めで、ミュンヘン大学の白バラ記念館を訪問しました。 白バラ運動とは、ナチス配下のドイツで、反戦ビラを配布した学生や教員による運動で、ナチスはそれに対して死刑判決を下して弾圧したという事件です(詳細はW … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, ヒト, 学校, 政治, , 雑考 | 1件のコメント

フィンランドの祝日と旗日

フィンランドでは、休日扱いの祝日と、いろいろなことを記念する旗日が別になってます。先日Facebookで紹介した、Roneburgの誕生日もそうした旗日の一つです。 旗日には街のあちこちに誇らしく国旗が掲揚されます。自国 … 続きを読む

カテゴリー: ヒト, フィンランド, 政治, 雑考 | コメントする

フィンランドの新カリキュラムでの早期外国語学習

国営放送のYleのニュースで、小学校での外国語教育のことが報じられていました。 “Foreign language learning starting earlier, but few get a choic … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

呆れた「改革のキーマン」の認識

「大学入試『英語民間試験』への批判に改革のキーマンが大反論」(2019.12.12 16:00  NEWSポストセブン)という記事を読んで、SNSにコメントを書き始めたら、思いのほか長くなってしまったので、ブログに書いて … 続きを読む

カテゴリー: 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

フィンランド語初級2の期末試験

本来はそれが目的でフィンランドに来たわけではないけれど、すっかりはまってしまったフィンランド語学習。大学で聴講しているフィンランド語初級2の期末試験が無事終了しました。 試験の帰り、最近はあまり通る機会がないアヒル池がど … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 学校, 政治, 英語教育 | コメントする

「外国語」が「英語」にすり替わった過程

ここ記事では、もともと「外国語」教育として導入されたものが、どういう経緯で「英語」に限定されてしまったのかを記しておこうと思います。 小学校での英語については、一般には「今じゃ、英語は小学校からやっている」という程度の認 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育 | コメントする

Päivälehden museo(新聞博物館)

ヘルシンキ大聖堂から南へ徒歩10分もしないところにある、Päivälehden museo(päiväは「日」、lehdenはlehti「雑誌」の変化形、それで「新聞博物館」)へ行ってきました。ここは、Amos Rexと … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 政治, , 趣味, 電脳 | コメントする

天皇即位に向けての学校関係者総動員体制

日本にいる大学教員仲間からの、そういえば10月22日はどこの大学も授業がない、普段は祝日に山ほど授業を入れてくるくせに、という呟きで気づいた問題についてまとめておきます。

カテゴリー: 学校, 政治 | コメントする

#CLIMATESTRIKE

9月20〜27日にかけて、世界中で気候変動対策を訴えるストライキが行われて、フィンランドでも首都ヘルシンキ以外に、タンペレやトゥルクなどの大都市で行われました。 ヘルシンキの日本大使館からは、27日に各地でストライキが予 … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 政治 | コメントする

Vapriikkiの特別展Teatterikaupunki

今日は午前のミッションを終えて下宿に帰る前、ふと思い立ってVapriikkiという複合博物館施設に立ち寄りました。この施設については既にご紹介済み(博物館センター「ヴァプリイーッキ」)ですが、今回は隙間時間を利用して、い … 続きを読む

カテゴリー: その他教育, フィンランド, 政治, 雑考 | コメントする