何はともあれ学校訪問

学年末さし迫り

フィンランドの学年は8月から翌年の7月までですが、実質的には5月末には授業も試験もほぼ終わってしまいます。この時期はいわゆる「普通の」授業を見学するにはあまり向いていませんが、運良くタンペレ市の国際渉外担当のMinnaさんとメールで連絡を取ることができ、日本にいるときから準備を進めて、8月からの本格的な観察に先立って、何とか授業を見学できることになりました(「市の担当者と学校訪問打合せ」参照)。

タンペレ大学に到着して諸手続を済ませたところで、所属長の許可ももらって市に対して研究許可の申請を出すようにMinnaさんから指示がありました。これにより、一部希望しない生徒を除いて、授業撮影が許可されるます。希望しない生徒は現場の教員が把握しているので、その子たちは撮影しないよう、教室内での配置を換えるなどして対応してくれることになっています。

今回の訪問は、まずはとにかくフィンランドの学校や教室、授業の様子を実際に見て確かめ、8月以降の新学年でどのような研究ができそうか、当たりを付けるというのが主な目的なので、それほど深い観察にはならないかも知れませんが、見たこと、思ったこと、考えたことをあれこれまとめてみることにします。

2つの訪問校

4月15日〜17日にかけて、タンペレの市中心部にあるJuhannuskyla(ユハンヌスキュラ)学校とTammela(タンメラ)学校を訪問してきました。フィンランドでは、多くは日本のような「小学校」「中学校」という区分はなく、1〜9年生まで一貫の基礎教育(perusopetus)学校で義務教育を行っています。今回訪問したJuhannuskylaはラテン語教育を特色としている7〜9年生対象の学校、Tammelaはドイツ語やフランス語教育に力を入れている1〜6年生対象の学校です。

基本的には子どもたちは居住学区の学校に行くことになっていますが、子どもや家庭の希望に応じて、特色を打ち出している学校を希望して通学することもできるようになっています。

続いて、参観した授業について時系列に書いていきますが、参観した順序は初日が9年生と7年生、翌日が5,4、6年生、三日目が3,4年生という順序でした。学年の上下を適当に頭の中で入れ替えながらお読みください。

(続きは別記事として鋭意執筆中)

 

カテゴリー: フィンランド | コメントする

アジアマーケットの品揃え

大学から至近の、Tullintori(「トゥリントリ」)というかわいい名前のショッピングモールに入っているEast Asia Martは、昨年の夏の下見の時点でも確認済みで、便利に使っています。

店の奥の方に陳列された調理器具のスナップショットです。IMG_5485

“Tamagopan”と英語名が付けられた玉子焼き器が目にとまって、値段を見たら23€(約2900円)。手を引っ込めました。

その隣には、ハングルの表記がある鯛焼き器。韓国では鯛ではなく、鯉を形取っていると聞いたことがあります。実際、ハングルにはそのように書いてあるようです(ただし、日韓いずれが発祥かについては自信がありません)。韓国の人って、日本人がたこ焼きに愛着があるように、鯛焼きに特別な思いがあるんでしょうか。それにしても、40€(約5000円)!

見回してみると、不思議な品揃えもあります。どう見ても日本だったらラーメン屋にしかないだろうと思われる、立派な麺の湯切りが25€(約3150円)。中国人の台所にはこんな立派なのがあるもんなんでしょうか?

中華鍋は二種類あって、そこが平らになっているのは、すわりを良くするためと言うより、こちらのコンロにありがちな、電気で熱した丸い熱源プレートで使えるようにということだと思います。

あ、撮影時には気づきませんでしたが、砥石もありますね。5€と手頃。でも中国語でも「油石」と書いてあるとおり、日本のとは違って油を使って研ぐタイプみたいです。荷物が増えちゃうので、やめとこ。

カテゴリー: フィンランド | コメントする

“After you, sir.”

まあ、世の中にはいろんな人がいるので、まあ、おもしろいわけです。
 
IMG_5502夕方からコンサートがあるというので、先日見たパイプオルガンの音色を聞きたくて大聖堂へ。曲目はリストとバッハ。当然、時節柄華やかで楽しい曲目ではなく、キリストの処刑と復活にまつわる、どっぷり重い曲。
 
大聖堂に向かう途中、酔っぱらいの若いカップルを歩いて追い越したら、後ろから粋がった兄ちゃんの明らかに中国人と間違えてからかう声。振り返って成敗してやろうと0.2秒考えましたが、「日本人研究者、在外研究期間11ヶ月残して強制送還」という見出しが躍るのは困るので思いとどまり、無視して足早に立ち去りました。どこにでもこういうアホはいるもんです。
 
大聖堂に着くと、こちらとしては結構な(普通に言えばほとんどないに等しい)行列。列の最後尾につくと、そこからは結構急な階段。前にいたおばあちゃん、手すりにつかまりながら結構難儀そうに階段を上がっていたので近づくと、何かフィンランド語で話しかけてきて、わからないながら”apua”だけ聞き取れたので、手を差し出すとにっこりと手を乗せてきて、一緒に階段上まで。上がりきると”Kiitos.”と来たので、すかさず”Ole hyvä.”と。それ以外の発言はわかりませんでしたが、普通にフィンランド語で話しかけられたのが妙にうれしく感じました。

 

事前情報では入場料無料とあったけど、受付では皆さんプログラムを買い求めて行くので、自分だけ素通りで入るのも気が引けて(意外と小心)、前の人の流れに乗って20€差し出すと、5€しか戻ってきませんでした。ま、いいか。

既に前方は満席で、辛うじて空いていた柱が邪魔にならない後方の席に目指して、とりあえず知ってる限りのフレーズを動員して”Anteeksi.  Kiitos.”と言いながら通してもらい、着席。

 

15€と引き換えにゲットしたプログラムには、曲目やら演奏者の紹介やらが、さっぱりわからないフィンランド語で書いてありました。冊子後半には、ドイツ語の歌詞とフィンランド語の対訳が出ていて、まったくやったことがないドイツ語と、対訳のフィンランド語を交互に見ながら聞くことができ、そのおかげで眠りに落ちずに済みました。でもピタッと両方わかったのは、Gute NachtとHyvää yötäの部分だけ。やれやれ。

重い曲目聞いた後で街に飲みに繰り出す気にもならず、アパート近くのK-Marketで夕飯の買い物して帰宅することに。他の多くの店が早めに閉まっているせいか、いつもより混雑してました。

レジ待ち列の最後につこうとしたところ、フライトジャケットにサングラスという粋な着こなしで彼女連れの20代後半〜30代前半くらいの青年がほぼ同時に列につこうとして目が合いました。
すると、私を見るなり、”After you, sir.”と。sirと言われちゃったし、”Go ahead.”じゃなく、”After you.”だし。”No, you queued first.”というと、青年ったらさらに洒落てて、”I’m younger than you are.  Please.”と。
もしかすると、兵役経験があって鍛えられたのかもしれないけど、こういうことを外国語である英語でサラッと言えるというのは、すごい国です。果たして五十八番国のコンビニでも同じことが起こるでしょうか。
カテゴリー: フィンランド | コメントする

Haavoittunut enkeli(傷ついた天使)

IMG_5408

大聖堂2階に描かれたフレスコ画

この絵は、フィンランドともタンペレともまったく結びついていなかったのですが、かなり昔にどこかで目にしたとき以来、強く印象に残っていました。

そんな絵と、タンペレの大聖堂で再会。というか、実物とは初対面です。ほんと、何にも知らん状態で来てるのがバレバレでお恥ずかしい限りです。

Hugo Simberg(ヒューゴ・シンベリ)の「傷ついた天使(フィンランド語でHaavoittunut enkeli)」という作品だそうです。1903年作の油絵はヘルシンキの美術館に収められているようです。

Original

Ateneum収蔵の油絵

ん?じゃこの壁画は実物じゃない?前に見たのは油絵で額に入っていた記憶があるんだけど…。

で調べてみると、確かに油絵作品は(いくつか習作はあったらしいですけど)、ヘルシンキにあるAteneum Art Museum所蔵だそうです(まだ行ってませんけど)。

このフレスコ画は、Simbergがこの大聖堂の壁画を任されたとき、彼自身が壁に描いたものらしいです。大聖堂壁画の作業が1905〜6年とのことなので、油絵作品を仕上げてから数年後のもののようです。油絵よりフレスコ画の方が少し大きいそうです。

二つを見比べてみると、細部で異なるところはありますが、いちばん目を引く違いは背景に描かれた煙突。Fynlaysonによって工業地帯として栄えたタンペレに対する計らいでしょうか。

IMG_5410

タンペレ大聖堂

カテゴリー: フィンランド | コメントする

Loimulohi(炙り鮭)

食レポはこっそりSNSで書き捨てで、と思っていましたが、Facebookは本当に検索性が劣悪で、書いたものが闇に吸い込まれてしまうので、こっちに書きます。
妙に魚が食いたくなり、なんだかよくわからずに買ってきたサーモンアイテム二点。どうやって食すのかわからず、フィンランド人の先生にメッセンジャーで伺ったところ、いずれもそのまま食うのだと。
写真左のものは、パッケージ写真からもおそらくそのまま食うのだとわかり、朝にサンドイッチにする予定で買いました。

もう一方の、危うく焼かれちゃうところだった方(3割引ステッカー)は、フィンランド語でLoimulohi、英語ではBlazed salmonという料理。lohiがサーモンという意味らしいです。サーモンの半身を板にくくりつけ、火であぶって焼いたものだとか。YouTubeに作り方のビデオがありました。

食べてみると、美味い!なんだか、懐かしい味。日本にも似たような料理があった気がします。
レシート確認したら、30%引きで10€もする(約1300円!)。そりゃ美味いわけだ。パンと一緒に食してもいいですが、ビールのお供にぴったりです。
カテゴリー: フィンランド | コメントする