残念なジニアス

銀座のジニアスバーで残念エクスペリエンス。

IMG_5023.JPG数週間前には、電源まわりがやられたと思しき2008年のMac miniを持ち込んでなす術無しという診断。今回は、付け根から断線したMacBookAir13の電源アダプタの修理が可能かどうかを確認しに。

まあ、おそらくは対応できないって言われるんだろうけど、ジニアスバーのサービスの精神と質を試す意味でもダメ元で持ち込み。

昼どきは混んでるかと思いきや、意外とそれほど混雑してない。その割りに、4階エレベータの降り口では後から降りてくる客が先に対応されて見過ごされ、2組も飛ばされて不愉快。

そこに持ってきて、タメグチ風の若い兄ちゃんの対応にもイライラ。

「本体のシリアルは?」とか(だから相談の内容はアダプタの断線だってば!)、「単体で購入したものではない?」とか(当然予備のアダプタ買ってるし、どっちが本体付属品か区別して使わんだろが!)、どうでもいいことばかり確認された挙句、「これはもう十年以上も前に購入したobsoleteな製品なので」とか余計なことを言い並べ(んなこたぁ、モデル番号見た時点でわかるだろが)、結局は新品を購入いただくしかありません、という何ともトホホなジニアス振り。

まあ、使い込んで味が出る品物でもないし、古い製品のことなどかまってられないのもわかるけど、ジニアスなどと自称するクセに、モノを直すという精神のカケラも感じられない姿勢は痛く残念。せめて、アップル製品を大事に長く使っていただいてありがとうございます、くらいのお世辞を言えば、気難しい客だって少しは気が和むというもの。

結局、AppleCareの手厚い保証期間内の製品でないなら、わざわざ取りにくい予約の都合をつけて、長年愛用した古い製品を修理に持ち込む価値は、ジニアスバーにはもうはやない、ということか。

ガッカリしながら銀座を後にして、有楽町まで歩いて行くと、数日ぶりの青空が慰めてくれましたとさ。

うちには半田ごてないんだけど、誰か直してくれないかなぁ〜、とダメ元でつぶやいてみる。

IMG_5022

カテゴリー: モノ, 電脳 | コメントする

喫茶・定食「フィレンツェ」(西日暮里)の”スパゲティピザ”

先日、ふわふわオムライスと独特な雰囲気の店内でお気に入りとなった西日暮里のフィレンツェ。

夕方から語研の会議に向けて西日暮里へ向かい、東京駅地下の混雑でランチを見送り、たどり着いた西日暮里での中途半端な時刻のお昼は、フィレンツエで救われました。

今回は、前回のリサーチでも気になっていた、「スパゲティピザ」。IMG_5018

ピザにスパゲティがトッピングされているのでも、スパゲティにピザが乗っかっているわけでもなく、ナポリタンにたっぶりのチーズを乗せ、オーブンで焼いたもの。

「熱いですから、気をつけてくださいね」と出されたお皿に触ると、危うくやけどするところでした。熱いのは料理だけでなく、皿も熱いんです。

ナポリタンは、チープなケチャップ味ではなく、トマトペーストをベースに、タマネギ、ピーマン、ミニトマト、ペパロニも入った本格派。これをとろりチーズを絡めて食べると美味いです。

客は私ひとり。座席もたくさんあるから、ここで理事会やるっていう手もあるなぁ。自己負担だけど(苦笑。

IMG_5019

カテゴリー: | コメントする

喫茶・定食「フィレンツェ」(西日暮里)の”オムライス”

前から気になってた、語研のある西日暮里駅近くの怪しい店。知り合いのFacebookの書き込みでオムライスが紹介されていたので、語研理事会前の腹ごしらえに突撃。

ドアを開けると中は昭和の喫茶店。クッションのきいた、ビロード生地の椅子に木のテーブル。パティオっぽいところには、グループで利用できそうな大テーブルもある。うん、中学生の頃はこういうところに入り浸ってたなぁ〜。

ママさんは気さくな人。私がメニューも見ずにオムライスを注文すると、「うふふ、心に決めてきたのね」とニコニコ。注文をきくとキッチンに戻り、調理開始。

フライパンが立てる香ばしい音を聞きながらしばし待つ。と、オムライス登場。結構デカい。思わず「でか!」とつぶやくと、「うん、でもペロッと入っちゃうのよ」とママさん。

ハムが入ったケチャップライスに、トロトロのオムレツが乗っかったオムライス。ケチャップもたっぷりジグザグ。生野菜も添えられて、720円。

他にも生姜焼きやカキフライなどの定食が、ランチタイムに限らず提供されています。晩酌セットみたいなのもあって、夜は(昼でも?)呑めるようです。

「随分前から気になってはいたんですけど…」と言い終わらないうちに、「なかなか入りにくいでしょ?」って。わかってるんだ(笑)。メルヘンチックな雰囲気で、男性客は皆躊躇するらしい。でも、お客はほとんどが男性だとか。

カテゴリー: | コメントする

ジャーマンアップルパンケーキ

息子はどこへ行ったやら?娘はお友だちの下宿にお泊まり、奥さんは大阪へ遊びに行って、ひとり。雪が積もり始める前にセナの散歩を済ませ、さて朝食。

こんなときこそ何か美味いもの作ろうと見回すと、キッチンに置いてあった林檎にインスパイヤされ、ジャーマンアップルパンケーキに決定。

林檎を薄切りにして、バターでさっと火を通し、赤ワインとレモンで風味づけ。シナモンが切れていたのが痛い。

焼き目がマーブルになったので、ついでに映えのためにパウダーシュガー振ってみました。ソーセージに野菜、ヨーグルトも添えて。

カリッとした焼き上がりを目指したけど、結構ふわふわ。安直にパンケーキミックスを使ったから仕方ないか。

折り紙@キャピトル東急の味には似ても似つかぬ代物になりましたが、まあでもそれなりに美味くいただきました。IMG_4871

カテゴリー: 家族, | コメントする

筑波ウィンターカップ2018

IMG_4490息子が引退・卒業しても応援に押しかけている筑波大学水球部。ただ強いだけじゃない、ビジョンもミッションも高く持ち、明日の水球界を支える人材を輩出する名門部。

そこで学生たちが企画運営する大会が行われていたので、賞品に新堂さんがデザインした大会ロゴと「筑波の水球」ロゴ入りのマグカップを差し入れ、大会のフィナーレも観戦してきました。

関東近県にある高校のすいきゅう水球部を始め、大学や遠くは大阪からも参加があり、熱気と若さ溢れる大会でした。来年度のインカレは直接応援には行けませんが、そこで活躍することになる次世代選手のプレーも観られました。

IMG_4492息子が高校から水球デビューしたのもついこの間のように感じますが、今回はなんと、自らがお世話になった榎枝先生とともに千葉選抜チームの監督としてベンチ入りしていました。普段は何か尋ねても「ぴゅっ」とか「しゅっ」という効果音ばかりの説明しかしませんが、監督として選手に饒舌に指示を出していて驚きました。

カテゴリー: 家族, 水球 | 筑波ウィンターカップ2018 はコメントを受け付けていません。