FUN Tampere

スクリーンショット 2019-05-20 21.26.29.png

フィンランド語の音とリズムに耳を慣らすのに、部屋にいるときは地元のラジオ放送FUN Tampereをネットラジオで垂れ流しにしてます。

コマーシャルでは日付や曜日、電話番号の数字などがたくさん出てきて聞き取りの練習になったり、授業で学んだ単語がチラリと出てきたのをキャッチできたりすると、わずかながらも進歩が感じられて励みになります。英米のヒット曲に加えて流れるフィンランド語の音楽もいい感じです。気に入ったのはiTunesストアから購入したりしてます。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

フィンランド語授業第3週終了

もともと2時間半授業で週3回の短期集中コースなので、展開は早いことは覚悟してましたが、フィンランド滞在歴数年級が多数を占めるクラスで振り落とされないようについていくのは結構大変です。中には滞在歴4年で、こちらで大学院を出たという強者までいます。それだけ、英語だけで生活できてしまうと言うことです。

英語が苦手だった息子が、私の苦戦の様子を聞いて、「ようやく俺の苦労がわかったか」と、勝ち誇ったように笑ってました。

担当は比較的若い先生ですが、なかなか授業運営も上手で、そういう視点で見ていても勉強になります。

どうしても同じ場所に座り座席が固定化するので、冒頭のウォーミングアップで復習を兼ねた質問と答えをバラバラにしたカードを配り、パートナーを見つけてペアを組ませたり、いろいろな仲間に質問して回らせたりなど、楽しい活動を盛り込んでいます。

所定の教材をcover to coverでそのままの順序で扱うのではなく、クラスの状況や必要度などを配慮しつつ、上手い具合に取捨選択、順序を工夫しながら、繰り返しと積み重ねができるように進行しています。

逆に、反面教師的な経験もしました。英語を教える際に、できる限り英語を使おうとしても、常に先生が英語で言ったことを日本語で繰り返していると、生徒はどうせ日本語で言うんだからと、あまり英語に注意を向けなくなる、ということが言われますが、まさにそれを経験しました。

クラッシュコースだけに、余裕を持って直接法で教えることは難しい状況ですが、それでも先生は指示などでもフィンランド語を積極的に使い、わからない人向けに英語で言い換えてくれるのですが、私などはやはりどうしても英語の方に頼ってしまいます。

授業での練習を通じて名前を覚え、仲良しの仲間もどんどん増え、質問したり教えあったり、それこそ学習は社会的活動だ、なんてよく言われることも実感・体験できました。

自分の復習も兼ねて、これまでに扱った内容をざっと挙げておきます。第二週までに扱った「日常のあいさつ」「人称代名詞(minä, sinä, hän, me, te, he)」「1〜100までの数」「曜日と日付」に加えて、第3週までに

  1. be動詞ollaの活用
  2. 国名、言語、出身、それらの質問
  3. 動詞の基本活用
  4. 動詞の質問形、否定形
  5. 母音調和
  6. いろいろな動詞
  7. いろいろな疑問詞
  8. 質問文のトーン
  9. K-P-Tの子音交代

が、ドサッと出てきました。

英語母語話者は、teとかheを「テ」「ヘ」と母音できちっと止めて発音するのが苦手で苦戦してます。また、フィンランド語では質問かどうかは最初に来る動詞の語尾で決まってしまうので、質問だからと言って上昇調では言いません。通じないわけではないですが、ヘンに聞こえるらしいです。これまた、英語に慣れきった学習者には苦戦するところです。

母音調和というのは、フィンランド語ではvokaaliharmoniaというのですが、ざっくり言うと、同じ語の中に舌の前方で発音される/ä, ö, y/という音と、舌の後方で発音される/a, o, u/という音が、両方出てくることは原則的にない、というルールです。

例えば、後で説明する動詞の変化語尾に-vatまたは-vätというのがあるんですが、元の動詞の音構成によってどちらか決まります。puhua「話す」という動詞なら、既に/u/音があるので、vätではなくvatがつき、puhuvatとなります。

逆に、kysyä「質問する、尋ねる」という動詞の場合は、前に/y/音があるので、語尾もそれに合わせてvätが使われ、kysyvätとなります。

中学生みたいに、「なんでそんな面倒くさいルールがあるんですか?」って質問したところ、近いけど異なる音が入り乱れると口の動きが大変になってしまうからだろう、って説明でした。なるほど。

恐れていた変化形の嵐がですが、下の二つの例のように何となく規則性は感じられます。

ollaというbe動詞に相当する動詞

minä(私)olen

sinä(あなた)olet

hän/se(彼、彼女、それ)on

me(私たち)olemme

te(あなたたち)olette

he/ne(彼・彼女ら、それら)ovat

puhua「話す」という動詞

minä puhun

sinä puhut

hän/se puhuu

me puhumme

te puhutte

he/ne puhuvat

で、練習を積んで、そういうぼんやりした規則性のようなものを身体で感じつつあるところまで来ると、だまし討ちのような例外が紹介されます。

K-P-Tの子音交代(フィンランド語では、K-P-T-vaihtelu)というものですが、これまたざっくり言うと(って、ざっくりしか説明できませんから)、K/P/Tという3つの子音が関与する音で、子音が変化するというルール。促音(詰まる音)が、単独の詰まらない音に変化したり、単独のK/P/Tがそれぞれ-/V/Dという音(Kは消える)になったり、K/P/Tが絡むnk/nt/mp/lt/rtという音連続がそれぞれng/nn/mm/ll/rrに変わったりします。

しかも、sk/tk/stでは変化が起こらず、人称代名詞がhänとheのときにはやはり変化が起こらないという例外つき。やれやれ。

このような活用や音変化は動詞に限らず、名詞にも起こるようなので、もう、どうとでもなれ!という心境で甘んじて受けるしかありません。

カテゴリー: フィンランド | コメントする

International Marketへ

まだperjantai(金曜日)で、viikonloppu(週末)ではないのですが、勝手に一日早めてのんびり断行。で、昨日フィンランド語の授業に行く途中のバスから見えたマーケットが楽しそうだったので、行ってみました。

IMG_5882いろいろな国の食べ物やら物産やらの屋台が、普段は静かな大通り中央の緑地に建ち並んでいました。あれ?金曜日の昼過ぎ、あれ?みなさん、仕事や学校は?ってくらいの人出。

内容的には、ちょっと今ひとつかなという感じでしたが、20度くらいの陽気で気持ちよく散歩できたので、ま、いいか。

全部見てみましたが、フィンランド料理はいつでも食べられそうだし、ドイツフランスイギリスのゲルマン勢もあまり惹かれないし、結局タイ料理の屋台でパッタイと揚げ春巻きにビール。あれ?!このビール、アルコール入ってないよ。それで6€も取られたよ。ま、いいか。

それだけではあんまりなので、オーストリアブースでstrudelが出ていたので、コーヒーと共にデザート。Sound of MusicのMy Favorite Thingsにも歌われている、あのお菓子。あっさりしたホイップクリームもたっぷりつけてくれました。

行きは空腹の絶頂だったのでぴゅっとバスで行きましたが、帰りはあれこれ買い物しながら歩いて帰ってきました。まだ3時過ぎでしたが、池の周りの芝生はひなたぼっこする人がいっぱい。あれ?今日って祝日?みんなちゃんと仕事行った??

お陰様で、自分だけ勝手に早めに週末に入った罪悪感が薄れたので、ま、いいか。

カテゴリー: フィンランド | コメントする

フィンランド講座の課題:買い物

コミュニティカレッジのフィンランド語の授業では、ウィークデーは仕事もあって忙しい受講生を考慮して宿題は少なめ、その代わりに週末に課題が出ます。

毎週学習したことを使って教室外で何かチャレンジするWeekly Challengeという課題が出るのですが、今週は学習した表現を総動員して、フィンランド語で何かを買うことに挑戦する課題。

IMG_5798ちょうどムーミン美術館前の池のほとりにJäätelökioski(Ice cream kiosk)が出たので、そこでアイスクリームを買うことに。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

Tammela学校訪問初日

Tammela学校

最初に訪問したJuhannuskyla学校は、7〜9年生の高学年対象の学校でしたが、2つめに訪問したTammela学校は1〜6年生までを対象とした学校です。

IMG_5458初日の4月16日(火)は朝から午後までほぼ終日Riika先生に密着して、3つの異なる学年の英語授業を見学してきました。

長くなりますが、この日に参観した3つの授業について報告します。
続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

教員指導力向上についての公開セミナー参加

5月6日午後に、タンペレ大学ほかいくつかの大学が国からの助成を受けて実施しているUNIPS(フライヤーのPDF)というプロジェクトの一環として開催された、大学教員向けのセミナーに参加してきました。タンペレ大学だけでなく、フィンランド各地の大学から参加がありました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

フィンランド語初級講座開始

学期終わりも近く、あいにく所属先のタンペレ大学では既にフィンランド語入門の授業は開講されていないので、バスで20分くらいのところにあるコミュニティカレッジで開講されている講座に日本から申し込んでおきました。

sm1-cd5〜6月にかけて、月火木の週3日17:00〜19:30の2時間半、全18回というかなり集中したスケジュールで、受講料は69€(8700円)。教科書はSuomen mestari 1という初級の教科書。この1〜5章までの、ほぼ半分を授業でこなす予定です。

なんと、無料で音声が聞けるようになっているので、興味のある方は聞いてみてください。

Suomen mestari 1音声 (Kappale 1というところがUnit 1の始まりです。)

まずは、これまで受けた2回の授業について報告します。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

やっぱりアイス好き

老若男女アイス好き?でも書きましたが、やっぱりみんなアイス大好き、寒さ関係ない。

IMG_5798.JPGMuumimuseo前の池のほとりに、アイス屋さんの常設屋台が出てました。 続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

公衆サウナ第三弾、Rajaporttiサウナ

待望(?)の公衆サウナ第三弾は、Rajaporttiサウナへ行ってきました。

先週から通い始めたフィンランド語の授業が開講されているコミュニティカレッジの少し手前にある、フィンランドで現存最古と言われる公衆サウナです。

学校にはバスで行ったので気づかなかったのですが、タンペレ市の中心部からはずっと緩やかな上り坂で、自転車で行くのは結構しんどかったです。まあ、その分帰りは楽でしたが。

こじんまりしたサウナで、日本で言うと下町の一角にある、地元の常連さんが通ってくる小さな銭湯という感じ。サウナ小屋の向かいに別棟でカフェがあり、その間にベンチがあって、男女入り交じってバスタオル巻いて涼んでいます。

見学モードと言うより、堪能モードだったので、内部の様子などはほとんど写真を撮りませんでしたので、適当にネットでご覧ください。

続きを読む

カテゴリー: フィンランド | コメントする

ドイツ産シュパーゲル堪能

IMG_5581

市場でどっさり出てました

4月25日にドイツに着いた日、市場では春を告げるシュバーゲルがまさに出回り始めて、すごく美味しそうでした。

その話をハノーファーの友人にしたら、わざわざ朝市で買ってきてくれて、朝食で振る舞ってくれました。

IMG_5598

 

続きを読む

カテゴリー: フィンランド, , | コメントする