Face ID使用感

iPhoneXSに機種変更してから、それまで愛用してきた指紋認証が使えなくなり、仕方なくFaceIDを使い始めた。
指紋認証はホームボタンに指を置いていればよかったが、FaceIDではFaceTimeカメラに顔が収まっていなければならないので、コンビニなどで端末を差し出すときは意外と不便。
逆に、家で台所仕事しながら認証しようとすると、指紋認証ではちょっとでも指が濡れていたりするとアウトだったので、その点では便利かも知れない。風呂上がりの指紋認証も、指がふやけていてほとんどアウトだった。
コンビニのレジも発展途上のためか、店舗によって構造がいろいろ。認識部分がお客に向けて斜めになっていればFaceIDでもやりやすいが、垂直上部を向いていると、下手をするとかざした端末をのぞき込まねばならない場合もある。これ、結構間抜けな構図。
さらに、レジの構造が、端末を縦にかざすより、横向きにかざす方が楽な場合、端末が横向きになるので顔が認識されない。もしやと思って、顔を横向きにのぞき込んだら即座に認識されて、店員さんと目を合わせて笑ってしまったこともあった。
暗いところも苦手。店舗では暗いと言うことはないが、夜にタクシーを利用したときのこと。QuickPayに対応しているのでiPhoneで支払おうとしたところ、暗い車内ではカメラが顔を認識してくれない。運転手さんが室内灯をつけてくれてようやく認証できたということもあった。
朝目を覚まし、ベッドの中で寝転んだままFaceIDで認証しようとすると、まったくうまくいかない。きっと、朝で顔がむくんでいるからだろうと思っていたら、近視の眼鏡をかけていない状態なので、顔と端末が近すぎることだと判明。
仕草として、顔認証は指紋認証より「やりました」感が得にくく、本当にちゃんと認証してくれたのか不安を感じる部分もあるが、その点はアップルの言い分を信じれば、顔認証の方が強力なのだとか。
カテゴリー: モノ, 雑考, 電脳 | コメントする

長野へ実習指導

駅に展示されていた酒樽たち。うまそう。

軽井沢のちょっと先にある高校で実習中の学生の授業を、赤鬼青鬼ふたりで参観に行ってきました。

リーディングの導入にALTとの掛け合いで、ニュース仕立てのダイヤログを見せるという工夫をした授業。研究授業も、ALTとのTT形式になる予定だそうで、今回のはそのプロトタイプというもの。

実習生とALTがニュースキャスター役となり、教科書で触れられているimmersion programのことについて紹介、そのあと2名くらいの生徒に内容に関する質問をしていた。生徒たちはそれなりに聞き入っていて、終わったときは自然と拍手が起きていた。

ところが、そこから更に内容に入っていく展開かと思いきや、宿題として課してあった語義調べの確認というズッコケの展開。ならば、冒頭の復習で確認して、寸劇ニュースを聞くときの助けにするとか、生徒がキャッチしきれなかった語句を確認してから、もう一度寸劇をやってみせるとかすればよかった。

内容理解は、和英対照になっているワークシートの穴埋めをすることで確認していた。高校のテキストは分量も多いので、内容理解に凝りすぎて時間を浪費して、練習時間を食いつぶすより、潔く日本語訳に対応した英文をしっかり確認し、読めるようにすることにフォーカスしたほうが賢明だといえる。その点、やはり教師根性が出てしまい、日本語訳に穴が空いていたり求めすぎていた感じがする。

その後の練習活動は、ALTによるコーラスリーディング、ALTらが巡回しながら生徒ペアでのsight translation、一文ずつ指名しての音読と続き、かなり念入りに練習が展開されていた。が、残念だったのは、ALTによるコーラス音読やペアのsight translationではほとんど指導が入らなかったことと、逆に一文音読では読んでいる生徒に近づいてしまい、その生徒ばかりに指導が入り、その他の生徒が放置状態になってしまったこと。

THやR/Lなど音素レベルの指導の試みはあったが、その生徒だけにかかりきりになり、全体へフィードバックされていなかったことが最大の問題点だったように思う。そこが改善されるだけで、全員が緊張感と意識を持って練習に望めたはずだ。

細かいことを言えば、

・モデル音読しながらウロウロするな
・単に訳語を確認して意味がわかったことにするな
・英語で出した指示をすぐにいちいち日本語で言い直すな
・音読や発言をさせるとき生徒をいちいち立たせるな
・指名は発問のあと、全員が考えるチャンスを作ってから
・「時間が余ったので」みたいな生徒の注意力を削ぐ発言をするな

みたいなことはあるけれど、残りの実習期間もいろいろ試行錯誤し、研究授業では達成感を味わえるといいね。

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

ベトナム料理「1988 Quan」(巣鴨)

巣鴨で新しくオープンしたベトナム料理屋へ。いつも行くマッサージ屋の下の階。真面目そうな若い夫婦がやってる。確か以前は和風の居酒屋のような店があったところを、ちょっと改装して開店した模様。ちらちらと、居酒屋的な要素が垣間見られる。

注文したのはphở bòのセット850円、サラダ、揚げ春巻き、デザート付き。ランチのセットはすべて850円。日替わりは、厚揚げとトマトのチリソースだったか。フォーは薄味ながら、化学調味料に頼らぬ味はいいけれど、ライムの代わりにレモン、香草があまり入ってないのがちょっと不満。言えば出してくれそうな感じ。

食後に、隣の席で友人たちと思しきベトナム人グループが食べてるデザートが美味そうで注文。Sữa Chua Nếp Cẩmというらしい。

写真撮る前に、持ってきてくれたお店の若奥さんが、食べ方がわからないだろうと親切にも混ぜ混ぜしてくれちゃったので、写真はなし。甘く煮た黒米にナッツを混ぜ、その上からヨーグルトがかかっている。そこに別に供される砕いた氷をどんと入れ、シャクシャク混ぜて食べる。ヨーグルトは意外だけど、美味い。

駅から至近だし、ちょっとアジアンな気分のときには使えそう。

食べログのお店紹介

カテゴリー: | コメントする

鱧の天ぷらぶっかけうどん

舎人ライナーの西日暮里駅すぐ下にある讃岐うどん屋「ぶっかけや」で、うどんを食しました。この店、2015年に初めて紹介したときの記事はこちらをご覧ください。

今日は到着が昼近くになってしまい、既に満席で数分待たされました。季節のメニュー「鱧とわけぎの天ぷらぶっかけうどん」(880円)100円で大盛りに。梅の大根おろしが添えられていましたが、ちょっと分量が少なかったので、あとから鬼玉(80円)を追加しました。鬼玉というのは、お店自家製の唐辛子の坊主で、色は鬼のように赤くて恐そうですが、味わいのある辛さです。

店を出る頃には結構な行列ができていました。土曜は11:30頃までに入るのが無難です。日曜は休業なので注意。

カテゴリー: | コメントする

そりゃないよ、アップル君。

IMG_2917アップルストア銀座へ、まもなくAppleCareが切れる、奥さんが使ってるiPhoneのバッテリー交換に。そして受難。
「本人確認のために」、iPhoneを探すをオフにしろと。それにはAppleIDのパスワードが必要。朝、ロックをオフにしてもらっただけで、そんなものは当然聞いてきていない。
本人確認なら免許証でもできるし、シリアル番号から購入者情報引き出して紐付けられないのか?
そもそも、そんなことはジニアスバー予約時に注意喚起してないぞ。バックアップはしましたか?とか、システムは最新ですか?とか、どうでもいい注意喚起はするくせに。

追記

予約後に送られれくるメールに書かれてました。この件があってから見ましたけど。利用頻度が多く、慣れっこになtれるのも良くないですね。

交渉の余地はなさそうな感触で、埒があかないので、ならば使用者に連絡とってみるが、返事があるかどうかわからないので、それまでここで仕事させてもらう、と陣取り。ここで間抜けにも奥さんのiPhoneに電話して、手元の電話が鳴るという大失態。
職場に電話してもいいのだが、代表を通さねばならないし、騒ぎになるのも迷惑なので、PCで見られる複数のアドレスにメールを打ち、気長に待つことに。
バーテン諸君は手もとのiPadで状況を共有しているらしく、時折「連絡ありましたか?」などと声をかけてくる。
空腹に耐えられなくなるまで2時間半くらい居座って、仕事は超はかどる。しかも、電気代はかからず、涼しく快適、無線環境も抜群、電源あり。これなら朝から晩までいてもいい。
でも結局それまでにメールの返信はなく、腹も減りすぎたので、いったん店を出て牛丼をかっ込む。マジでこのまま閉店を迎えそうだったので、恥を忍んで職場に連絡、店に戻り、にっくきiPhoneを探せスイッチを切る。
最初に対応したバーテンが、先に診断テストだけでもやっておきましょう、とか言いながらいろいろやっていたことを、あとから対応に来たバーテンがまた野郎とするので、それ済んでるでしょ?と指摘。さっさと手続きをして、3時間後に修理が完了と。
家族の代理など、自分のAppleIDではないパスワードがかかった端末を凡才バーに持ち込むときには、ご注意を。
でも、「本人確認のため」っていうけど、事前にオフにして持ち込んだら、本人確認はどうするんだろう?受け取りのとき、意地悪質問してみるか。
カテゴリー: モノ, 雑考, 電脳 | コメントする