つくづく残念な地元の自転車屋

最寄り駅の踏切のすぐ側にある自転車屋さん。古くからある店らしく、今は息子が引き継いでいるようだが、つくづく残念な対応だった。

随分前に父親が電動アシスト自転車を買ったとき不要になった自転車を譲り受けてきた。どうやらカゴを後付で交換していたらしく、ステーの穴の位置が合わず、片方を針金で縛ってあったのだが、格好も悪く錆び始めていた。丁度、変速機の調子も良くなかったので、持ち込んでみたのが数ヶ月前。

変速機を調整してもらい、カゴを止めていた針金をバチバチと切り取り、代わりにナイロンの結束バンドで固定。え?結束バンドはいいけど、ナイロン??ワイヤーをフレームに固定するんじゃなく、荷重のかかるカゴですよ?ま、穴が合わないんじゃ、仕方ないけど、プロでもこの対応じゃ、同しようもないのかな、と自分に言い聞かせて諦め、手間賃1500円を支払い。

その後、チェーンカバーの一部が折れ曲がり、引っかかると危ない状態に。市営の駐輪場はラックが結構きつきつで、乱暴に自転車の出し入れするヤツの隣だったりすると、結構こういうことが起こる。取れかかったメッシュ部分を取り去ってだましだまし乗っていたが、心持ちがよろしくない。いっそ交換できないものかと、例の自転車屋に持ち込んでみた。すると、ちらと見るなり、チェーンケースは規格がバラバラなので合うものはない。メーカーじゃないと対応できないし、このメーカーはうちじゃ扱いがない、と、取り付く島のない対応。

それからしばらくして、かつて調整してもらった変速機の調子が悪くなり、もっとも軽いギアに入れると時折チェーンが外れるようになった。さらに、案の定、かごを固定していたナイロンの結束バンドも切れてしまった。もやもやした気分で、よせばいいのに一応修理元に持ち込んでみた。

店で症状を伝えると、聞き終わらぬうちに「いちばん軽いギアは使わないほうがいい」と。かつての調整せいだとは言わないけど、ついているものを使わないほうがいい、ってのは自転車専門店店主の言葉としてはどうなんだろうか?

ともあれ、短気を起こさす、修理をお願いして店の中の椅子に腰掛けて待つ。外れたチェーンはトップギアとハブとの間に食い込んでいて、外すのに随分苦労していた。自分でもちょっと試みたが、そうとうガッツリ食い込んでいて、工具を使わないと直らないのはわかっていた。

チェーンの復旧とギア調整が終わったころを見計らって、カゴの修理方法について口を挟んでみた。

ナイロンの結束バンドは応急措置としてはありかもしれないけど、自転車屋に持ち込んでるのは、もう少しきちんとした対応を期待してのこと。「追加のステーをかませるとか、何か根本的な対応策はありませんかね?」という最大限オブラートにくるみまくった控えめな要望を投げかけてみると、言下に「無理ですね」って。そう言いながら、目も合わせず涼しい顔してまったく同じようにナイロン結束バンドで止めていた。

チェーンとカゴ、しめて2000円。ちなみに前回は、かごの針金外しも含めて1500円。どういう明細?という、いかにもテキトーな工賃設定。おまけに、結束バンドで止められたカゴは、底面のネジを締め直してないので、荷物を入れてもカゴがぶらぶら。IMG_2781

よく理解できなかったのは、修理中に店先を通りかかる人の中には、自分から進んで挨拶をしていく人が少なくなかった。店主も、愛想がいいとはいえないが、一応は挨拶を返している。信頼もなく、憎まれているならこうはならない。もしや、対人的にコミュニケーションができない人なのか?

いずれにしても、客として余計な気を使い、金を払ってまでサービス受けに行く気にはならない。二度と行かない店リストに登録。もしかしたらの事情も勘案し、キレないようにぐっと我慢し、店を後に。

カテゴリー: ヒト, モノ, 雑考 | コメントする

「人材が不足してても強行する国策」電子黒板バラマキの次は、これか。

清々しい朝、びっくりがっくり怒り心頭のNHKのニュース

小学校英語の先生は… 人型ロボット!人材不足の救世主 福岡
2018年6月8日 19時21分

今年度から多くの小学校で英語の授業が3年生から必修化されましたが、各地で課題となっているのが英語を教えられるALT=外国人指導助手の不足です。こうした中、福岡県の小学校が切り札として招いた意外な先生に多くの注目が集まっています。

福岡県大牟田市の小学校で行われた英語の授業。
3年生のクラスで担任の先生と一緒に教壇に立っているのは人型の英語ロボット「NAO(なお)」です。

このロボットはネイティブ並みの英語を話すことができ、子どもたちとは双方向でやり取りできます。身ぶり手ぶりを交えたユニークな動きで授業は子どもたちの人気を集めていました。

担任の杉本朱美教諭は「子どもたちは楽しく学習していました。私も発音は不安だったので、いい機会でした」と話していました。
児童の一人は「NAOの英語は上手で、自分もうまくなりたいと思った」と話していました。

多くの小学校では、2020年度の本格実施を前に今年度、3年生から英語が必修化されました。

しかし小学校の教員は英語を専門的に学んでいないため苦手意識を持つ人が多く、各地の自治体では英語を話すことができるALT=外国人指導助手の確保に努めています。

ただ1人当たりで年間500万円ほどの人件費がかかるため、財政状況が厳しい自治体にとっては大きな負担です。
大牟田市も19の小学校に対して現在、ALTは1人だけです。

一方、この英語ロボットの価格は1体120万円で、同じ問題に悩む自治体にとり、一つの解決策として注目されています。

大牟田市の安田昌則教育長は「人材確保が難しい中、ロボットはさまざまな活用法があると思う。今後はほかの小学校にも増やしていきたい」話していました。

そもそも、ロボット持ち出してくる「窮余の策」にもあんぐりですが、最大の問題はそこではありません。

英語に限定という「縛り」がかかった「外国語活動」を強行して以来のほぼ10年、指導者育成については抜本的な対策を講じないまま、その効果や影響の検証もキチンと行わず、今度は教科化。小学校教員への負荷を考えると、影響は単に英語教育が失敗するにとどまりません。

報道で問わねばならないのは、ロボットが活用できるかどうかなんかではなく、「指導者不足がこんなに深刻な状態で教科化する狂気」のはずです。

「英語は早いうちに」とか「小学校に英語導入」などと提示されれば、問題が見えていない一般大衆は「そりゃ、いいじゃん」と流されてしまうでしょう。しかし、こういう厳しい状況を考慮した場合、それでも小学校の英語に諸手を挙げて賛同しますか?

教員の労働時間や負荷を考慮すると、他教科や小学校全体に対して懸念される影響、また失敗した英語活動や小学校英語を経て中学校に上がってくる生徒の問題など、問題山積みで突っ走っていることをきちんと知らせる視点はないのでしょうか?

「そういうことをきちんと研究するのがお前たちの仕事だろ」と言われそうですが、小生がそんなことを言うずっと以前から、さまざまな学者・研究者・教育者が懸念を表明し、しっかりとしたエビデンスに基づいた考察をしている例はいくらでもあります。むしろ、そういう反対論のほうが声も大きく、活発です(というか、でした?)。それでも「国策ですから」と突っ走ってきているわけです。

「私たちの税金を、云々」と何かと使いみちに批判的な意見を表明する人は多いですが、そろそろこういう教育の場を金儲けの対象として好き放題させている状況を直視してはどうでしょう。この10年位は、他の分野でもそうですが、こと教育界ではこういう利益誘導型の施策強行が多すぎます(小学校英語以外にも、入試への民間試験導入、アクティブラーニング、ヨンギノー、デジタル教科書、などなど)。

この報道で透けてみてくる商機が二つ。ひとつは、こういうロボットを教育市場に売り込みたくて仕方がない企業が見出す商機。もう一つは、こうして国営放送を通じて刷り込まれる「小学校英語の人材不足」を背景に、ALTや講師を売り込みたい人材派遣企業が見出す商機。いずれも、小学校英語の成功に導いてくれる一手とはなりえません。

そういえば、昔々その昔(10年位前ね)、とある講習会で、小学校英語にも関わっていたかつての教科調査官が英語教師たちを前にしたり顔で、「大丈夫、小学校の先生自身が英語できなくても、全国に電子黒板を配備します。絵をクリックすれば正しい発音が流れます」みたいな自慢をしていたっけ。国の英語教育政策の大本に関わる人物からして、このように電子黒板売り込みたい業界に担ぎ出されてかくも阿呆な施策を自慢するという滑稽が、今度はロボットで繰り返される?

この報道で透けてみてくる商機が二つ。ひとつは、こういうロボットを教育市場に売り込みたくて仕方がない企業が見出す商機。もう一つは、こうして国営放送を通じて刷り込まれる「小学校英語の人材不足」を背景に、ALTや講師を売り込みたい人材派遣企業が見出す商機。いずれも、小学校英語の成功に導いてくれる一手とはなりえません。

そういえば、昔々その昔(10年位前ね)、とある講習会で、小学校英語にも関わっていたかつての教科調査官が英語教師たちを前にしたり顔で、「大丈夫、小学校の先生自身が英語できなくても、全国に電子黒板を配備します。絵をクリックすれば正しい発音が流れます」みたいな自慢をしていたっけ。国の英語教育政策の大本に関わる人物からして、このように電子黒板売り込みたい業界に担ぎ出されてかくも阿呆な施策を自慢するという滑稽が、今度はロボットで繰り返される?

カテゴリー: その他教育, 政治, 英語教育, 電脳 | コメントする

釣り針をパクッ!

朝からプチ騒動。

出張で数日いなかったせいか、セナがいつもよりはしゃぎ気味で、おもちゃを持って遊びをせがんでくる。ひとしきりぬいぐるみを投げて取らせたりして落ち着いた。

しばらくすると隣室から聞いたことない鳴き声。行ってみると、愚息がほったらかしていた釣りの仕掛けが口に刺さり、かぎ針が貫通。容易には抜けそうにない。

7時少し前だったが、かかりつけの、くりやまペットクリニックに電話。やはり出ない。

どうしたもんか?針の先を切り落とすか?などと迷っていると、電話が鳴る。クリニックの先生が、着信番号を見て折り返してくれた。有難い先生だ。

状況を伝えると、他に針は無くなっていないか、誤飲の可能性はないかなど確認されて、できそうなら針先を切り落とすアドバイス。

刺さり方が複雑なので、念のため連れて行くことに。

付き添いからの報告では、口の針は無事取れたが、車内で暴れたときに刺さったらしい足の針は切開して取り除いたらしい。

釣りバカ息子くん、結婚とか子育てできるかどうか分からんけど、飼い犬が痛い思いして与えてくれた教訓をしかと受け止めてもらいたいものです。

同型の仕掛け針

パクっとしたのと同様の仕掛け。この輝きじゃ、食いつきたくなるかも。

カテゴリー: カラダ, モノ, 家族, 趣味 | コメントする

教育実習訪問キャラバン2018鹿児島編

今年度は、どういうわけか、遠方の実習生が北と南にくっきり分かれた。最北の青森県大間に靜先生と二人で行く予定だったのは、実習校の行事の都合で授業がなくなったため、やむなく中止。

もう一人の青森の実習生は靜先生が(ブログ参照)、鹿児島は私が担当することに。偶然にも、鹿児島の学生二人は、同じ高校の出身。一人は母校の高校で、もう一人は母校の市立中学校で実習に取り組んだ。

結論から言うと、改善すべき点は多々あれど(実習生としては当たり前)、二人とも昨年度教科教育法の授業でしつこく指導したポイントをきちんと押さえた、しっかりした授業を見せてくれて、鹿児島まで飛んできた甲斐があった。

高校の授業では、部活に力を入れている男子生徒ばかり49名が詰まった教室で、よく生徒に声を出させた授業をしていた。

冒頭の10分間で靜先生直伝の歌を手際よく扱い、でかい男子生徒たちから太い声を引き出して歌わせていた。導入部分では、教科書のダイアログの理解に必要な内容を、生徒に理解可能な英語を使ってやりとりしながら、板書も工夫して上手に導入していた。教師のモデルリーディングに続き、穴埋め式のハンドアウトを使って手際よくダイアログの説明をしたあと、コーラスとバズで音読練習し、個人を指名して1文ずつ読ませた。まとめとして、(この段階でやるのが妥当かどうかはさておき)英語のQAで内容理解の確認を行って締めくくった。

課題としては、リピートでは相当声が出ているのに、個人読みになると読めなくなってしまうという生徒の症状から、文字と音の結びつけを意識した導入と練習方法を増やして、自信を持って個人読みできるように導いていくようアドバイスした。

体育系の学生は、自分の身体をイメージ通りに動かすことに長けているので、教師のモデルを聞いて、その通りの音を出すのが驚くほどうまい。だから、ちょっとでも教師がおかしな発音をすると、それを忠実に再現してくれる。実際、実習生も自分がおかしなアクセントを生徒が再現しているのを聞いて誤りに気づき、すぐに訂正できて救われていた。

この高校に着いたとき、来客を受け付けるホールの受付は二人の生徒が担当していたのだが、聞いてみると受付実習として年に一度、授業は免除されて丸一日来客の対応や連絡などに当たるのだという。なかなか思い切った指導だが、生徒に聞くと、授業よりも緊張する仕事だという。いい学習の機会になっているようだ。

駅前のとんかつ屋で鹿児島黒豚を食し(今回は食レポ封印)、隣の市の中学校へ。かなり早く着いてしまったが、駅周辺には何もないので、駅の待合室で仕事して時間調整。

駅から徒歩15分ほどの中学校に着くと、管理職の先生が出迎えてくださった。うかがうと、もともとは東京出身で、本当に教育がしたいなら島へ行け、という恩師のアドバイスで北海道、鹿児島の教員採用を受験して赴任、そしてこちらで骨を埋めるに至ったという。

さて、参観したのは一クラス18名の、中学1年の授業。実習中に担当した一般動詞を使った、締めくくりのコミュニケーション活動がメイン。

ペアやクラス全体で行う活動の場合、始める前にきちんと趣旨と指示を徹底し、活動に必要な事項について確認や準備運動をしておくこと、そして活動の最後にどのようなまとめをするかが肝なる。

そのことは前年度の教科教育法の授業で繰り返し力説したことだったので、(多分に指導教諭のご指導よるところも多いだろうが)それを踏まえた構成になっていたのが私としては嬉しいこととだった(もちろん、これから書くように、改善が求められる点も多いのは言わずもがな)。

生徒たちもとても純朴で、よく実習生の指導について行っていた。東京ではほとんどお国のアクセントを見せない学生が、生徒たちに語りかけるときはすっかり土地の言葉になっているのが印象的だった。

授業の前の実習生との会話で、既に終えた研究授業の様子を聞いてみると、参観者からは教師の表情が硬かったことが指摘されたらしい。彼女は私のゼミ生なのでよく知っているのだが、決して引っ込み思案でも堅苦しい人物でもなく、話せば気さくなのだが、そう見えてしまうのもわからないでもない。そこで、教師はサービス業、思い切って営業スマイル振りまけ、でないと、生徒も乗ってこないし、教師の表情が硬ければ無用に緊張してしまう、ということを伝えた。

事後指導では、帯活動で扱っている単語リストの学習・復習方法や、活動前の準備運動の改善点、活動中のモニター指導でも眼のつけどころ、ワークシート作成についての工夫についてアドバイスした。

授業冒頭の帯活動では、配布してある単語リストの読み方をコーラスで復習したが、横から見ていると数名の生徒が手もとの文字を見ずに反復して空読みになっていた。これを防ぐには、せっかく用意されているプロジェクタを使ってスライドを提示しながら行えば良い。

活動で使う動詞について手早く確認復習するために単語カードを用いていたが、A4コピー用紙を使ったためペラペラ、しかも黒板にはるマグネットも足りないという状況なのは論外として、意味と読みを同時に扱おうとしたため復習がわかりにくく散漫になった。まずは語を見せながら意味を確認し、その後に手早く読み方を確認する方がメリハリがついたはずだ。

活動中、実習生は生徒の中をうろうろしながらモニターしていたのだが、せっかくなので活動に参加し、生徒にどんどん質問をぶつけながら定着具合をモニターするべきだった。

活動語のまとめで書かせたワークシートでは記入欄が下線一本だったので、生徒によっては文字が躍ってしまっていた。中1のこの時期では、少なくとも3本は線を引いてあげるべきことを伝えた。

こうして実習生が生まれ育ったところに出掛け、地元での様子を観察したり、担任だった先生と直接会ってお話をすることで、学生についてもいろいろ情報交換でき、学生たちの指導上でも多くの情報が得られた。

美味しいものも食べ、焼酎や温泉も堪能しましたけど、全部勤務時間外で自腹です。

桜島をバックに。もちろん、実習校に出で立ちでは行っていません。

カテゴリー: その他教育, 学校, , 未分類, 英語教育 | コメントする

いわゆる「筆記体」指導について

32556098_2185953524842902_1248295810374828032_n
上の画像をシェアしたら、普段は戯れ言ばかり言い合ってる高校時代からの友人が、「筆記体を教えるのは英語教育においてはかなり重要なことなのですか?」などと、急に真面目なコメントつけてきました。
最初はそれに真面目に返答すべく書いていたら、思いのほか長文になってしまったので、ブログに掲載してリンクを貼り付けることにしました。
以下が、彼の問いへの回答です。
いわゆる「筆記体」を教えねばならないかという意味の「重要性」は、まったくないです。ただし、書くときに用いる書体について、もっと真面目に考えるべきだという点では、重要な問題です。

まず、他人様が、ましてや教えている相手が読むのに苦労するような書体でしか書こうとしない教師は論外です。

で、日本での指導の歴史を振り返ると、我々の世代(五十代)くらいまでは、だいたい中1のころは、いわゆる「ブロック体」という、マルと棒で書いたような書体で教え、中2の夏休みくらいで、いわゆる「筆記体」のペンマンシップを突然配られ、新学期までに練習してこい、もう授業も筆記体で書くからな(筆記するんだから、そりゃ、筆記体だろうよ、なんて悪たれつく生徒はいない)、と大どんでん返しが起こります。
 
ところが、中学校の英語授業時数も週3時間までに激減された時代、そんな残酷な風物詩も、時数の余裕がなくなり、やってられなくなりました。それで、中学校でのいわゆる「筆記体」指導もなりを潜めました。
 
写真につけられた別のコメントでは、大学の英語母語話者教員のことが報告されていましたが、日本の高校でも、上のような事情を知らない教師が、中学校から入学してくる生徒について、「最近の生徒は筆記体も知らん、中学校では何やってんだ、板書ができん」みたいなことをしばしば文句言っていましたが、さすがにそういう輩も絶滅したようです。
 
最近、つづりを覚えられないなど、読み書きに困難を抱える学習者には、cursive(いわゆる「筆記体」とはいってない)が効果的らしいという報告が出てきました。確かに、いわゆる「筆記体」指導が跋扈していた時代から、流れに乗ってつづりが覚えやすい、という指摘はありました。
 
しかし、cursiveの指導で用いる書体に、どのような特徴・特性を持った書体を採用するかという議論も視点も、これまでの英語教育界にはほとんどありませんでした。「だって、おらも、これ、ならったもん」程度の認識で、19世紀の銅版印刷時代から流行していた装飾過多の書体を綿々と指導してきたわけです。
ちなみに、私の修士論文では、いわゆる「筆記体」と、そうではない書体とを比較し、急いで書いたときにどれくらい読み間違いが発生するかを実験して調べ、速度に対する耐性が「筆記体」では著しく低い、という結果が出ました。そんな文字指導に関する研究は、今でもほとんど見かけませんが、本当はこういう入門期のことが、先々の英語学習にも大きく影響するので、文字の読み方指導に並んで、もっと光が当たるべき領域だと思います。
 
で、これからどうすればいいのかというと、読みやすく、書きやすい、ちょっぴりオシャレな書体で、あるとき突然がらりと乗り移るのではなく、流れに乗ってつなげて書こうと思ったら無理なく徐々につなげられるような仕組みを備えた書体を、日本の英語教育界のスタンダードにすればいいと思います。
ふぅ、珍しく真面目に書いたら、くたぶれちゃったぜぃ。
カテゴリー: 英語教育 | コメントする