喫茶・定食「フィレンツェ」(西日暮里)

前から気になってた、語研のある西日暮里駅近くの怪しい店。知り合いのFacebookの書き込みでオムライスが紹介されていたので、語研理事会前の腹ごしらえに突撃。

ドアを開けると中は昭和の喫茶店。クッションのきいた、ビロード生地の椅子に木のテーブル。パティオっぽいところには、グループで利用できそうな大テーブルもある。うん、中学生の頃はこういうところに入り浸ってたなぁ〜。

ママさんは気さくな人。私がメニューも見ずにオムライスを注文すると、「うふふ、心に決めてきたのね」とニコニコ。注文をきくとキッチンに戻り、調理開始。

フライパンが立てる香ばしい音を聞きながらしばし待つ。と、オムライス登場。結構デカい。思わず「でか!」とつぶやくと、「うん、でもペロッと入っちゃうのよ」とママさん。

ハムが入ったケチャップライスに、トロトロのオムレツが乗っかったオムライス。ケチャップもたっぷりジグザグ。生野菜も添えられて、720円。

他にも生姜焼きやカキフライなどの定食が、ランチタイムに限らず提供されています。晩酌セットみたいなのもあって、夜は(昼でも?)呑めるようです。

「随分前から気になってはいたんですけど…」と言い終わらないうちに、「なかなか入りにくいでしょ?」って。わかってるんだ(笑)。メルヘンチックな雰囲気で、男性客は皆躊躇するらしい。でも、お客はほとんどが男性だとか。

カテゴリー: | コメントする

ジャーマンアップルパンケーキ

息子はどこへ行ったやら?娘はお友だちの下宿にお泊まり、奥さんは大阪へ遊びに行って、ひとり。雪が積もり始める前にセナの散歩を済ませ、さて朝食。

こんなときこそ何か美味いもの作ろうと見回すと、キッチンに置いてあった林檎にインスパイヤされ、ジャーマンアップルパンケーキに決定。

林檎を薄切りにして、バターでさっと火を通し、赤ワインとレモンで風味づけ。シナモンが切れていたのが痛い。

焼き目がマーブルになったので、ついでに映えのためにパウダーシュガー振ってみました。ソーセージに野菜、ヨーグルトも添えて。

カリッとした焼き上がりを目指したけど、結構ふわふわ。安直にパンケーキミックスを使ったから仕方ないか。

折り紙@キャピトル東急の味には似ても似つかぬ代物になりましたが、まあでもそれなりに美味くいただきました。IMG_4871

カテゴリー: 家族, | コメントする

筑波ウィンターカップ2018

IMG_4490息子が引退・卒業しても応援に押しかけている筑波大学水球部。ただ強いだけじゃない、ビジョンもミッションも高く持ち、明日の水球界を支える人材を輩出する名門部。

そこで学生たちが企画運営する大会が行われていたので、賞品に新堂さんがデザインした大会ロゴと「筑波の水球」ロゴ入りのマグカップを差し入れ、大会のフィナーレも観戦してきました。

関東近県にある高校のすいきゅう水球部を始め、大学や遠くは大阪からも参加があり、熱気と若さ溢れる大会でした。来年度のインカレは直接応援には行けませんが、そこで活躍することになる次世代選手のプレーも観られました。

IMG_4492息子が高校から水球デビューしたのもついこの間のように感じますが、今回はなんと、自らがお世話になった榎枝先生とともに千葉選抜チームの監督としてベンチ入りしていました。普段は何か尋ねても「ぴゅっ」とか「しゅっ」という効果音ばかりの説明しかしませんが、監督として選手に饒舌に指示を出していて驚きました。

カテゴリー: 家族, 水球 | 筑波ウィンターカップ2018 はコメントを受け付けていません。

Face ID使用感

iPhoneXSに機種変更してから、それまで愛用してきた指紋認証が使えなくなり、仕方なくFaceIDを使い始めた。
指紋認証はホームボタンに指を置いていればよかったが、FaceIDではFaceTimeカメラに顔が収まっていなければならないので、コンビニなどで端末を差し出すときは意外と不便。
逆に、家で台所仕事しながら認証しようとすると、指紋認証ではちょっとでも指が濡れていたりするとアウトだったので、その点では便利かも知れない。風呂上がりの指紋認証も、指がふやけていてほとんどアウトだった。
コンビニのレジも発展途上のためか、店舗によって構造がいろいろ。認識部分がお客に向けて斜めになっていればFaceIDでもやりやすいが、垂直上部を向いていると、下手をするとかざした端末をのぞき込まねばならない場合もある。これ、結構間抜けな構図。
さらに、レジの構造が、端末を縦にかざすより、横向きにかざす方が楽な場合、端末が横向きになるので顔が認識されない。もしやと思って、顔を横向きにのぞき込んだら即座に認識されて、店員さんと目を合わせて笑ってしまったこともあった。
暗いところも苦手。店舗では暗いと言うことはないが、夜にタクシーを利用したときのこと。QuickPayに対応しているのでiPhoneで支払おうとしたところ、暗い車内ではカメラが顔を認識してくれない。運転手さんが室内灯をつけてくれてようやく認証できたということもあった。
朝目を覚まし、ベッドの中で寝転んだままFaceIDで認証しようとすると、まったくうまくいかない。きっと、朝で顔がむくんでいるからだろうと思っていたら、近視の眼鏡をかけていない状態なので、顔と端末が近すぎることだと判明。
仕草として、顔認証は指紋認証より「やりました」感が得にくく、本当にちゃんと認証してくれたのか不安を感じる部分もあるが、その点はアップルの言い分を信じれば、顔認証の方が強力なのだとか。
カテゴリー: モノ, 雑考, 電脳 | コメントする

長野へ実習指導

駅に展示されていた酒樽たち。うまそう。

軽井沢のちょっと先にある高校で実習中の学生の授業を、赤鬼青鬼ふたりで参観に行ってきました。

リーディングの導入にALTとの掛け合いで、ニュース仕立てのダイヤログを見せるという工夫をした授業。研究授業も、ALTとのTT形式になる予定だそうで、今回のはそのプロトタイプというもの。

実習生とALTがニュースキャスター役となり、教科書で触れられているimmersion programのことについて紹介、そのあと2名くらいの生徒に内容に関する質問をしていた。生徒たちはそれなりに聞き入っていて、終わったときは自然と拍手が起きていた。

ところが、そこから更に内容に入っていく展開かと思いきや、宿題として課してあった語義調べの確認というズッコケの展開。ならば、冒頭の復習で確認して、寸劇ニュースを聞くときの助けにするとか、生徒がキャッチしきれなかった語句を確認してから、もう一度寸劇をやってみせるとかすればよかった。

内容理解は、和英対照になっているワークシートの穴埋めをすることで確認していた。高校のテキストは分量も多いので、内容理解に凝りすぎて時間を浪費して、練習時間を食いつぶすより、潔く日本語訳に対応した英文をしっかり確認し、読めるようにすることにフォーカスしたほうが賢明だといえる。その点、やはり教師根性が出てしまい、日本語訳に穴が空いていたり求めすぎていた感じがする。

その後の練習活動は、ALTによるコーラスリーディング、ALTらが巡回しながら生徒ペアでのsight translation、一文ずつ指名しての音読と続き、かなり念入りに練習が展開されていた。が、残念だったのは、ALTによるコーラス音読やペアのsight translationではほとんど指導が入らなかったことと、逆に一文音読では読んでいる生徒に近づいてしまい、その生徒ばかりに指導が入り、その他の生徒が放置状態になってしまったこと。

THやR/Lなど音素レベルの指導の試みはあったが、その生徒だけにかかりきりになり、全体へフィードバックされていなかったことが最大の問題点だったように思う。そこが改善されるだけで、全員が緊張感と意識を持って練習に望めたはずだ。

細かいことを言えば、

・モデル音読しながらウロウロするな
・単に訳語を確認して意味がわかったことにするな
・英語で出した指示をすぐにいちいち日本語で言い直すな
・音読や発言をさせるとき生徒をいちいち立たせるな
・指名は発問のあと、全員が考えるチャンスを作ってから
・「時間が余ったので」みたいな生徒の注意力を削ぐ発言をするな

みたいなことはあるけれど、残りの実習期間もいろいろ試行錯誤し、研究授業では達成感を味わえるといいね。

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする