長野へ実習指導

駅に展示されていた酒樽たち。うまそう。

軽井沢のちょっと先にある高校で実習中の学生の授業を、赤鬼青鬼ふたりで参観に行ってきました。

リーディングの導入にALTとの掛け合いで、ニュース仕立てのダイヤログを見せるという工夫をした授業。研究授業も、ALTとのTT形式になる予定だそうで、今回のはそのプロトタイプというもの。

実習生とALTがニュースキャスター役となり、教科書で触れられているimmersion programのことについて紹介、そのあと2名くらいの生徒に内容に関する質問をしていた。生徒たちはそれなりに聞き入っていて、終わったときは自然と拍手が起きていた。

ところが、そこから更に内容に入っていく展開かと思いきや、宿題として課してあった語義調べの確認というズッコケの展開。ならば、冒頭の復習で確認して、寸劇ニュースを聞くときの助けにするとか、生徒がキャッチしきれなかった語句を確認してから、もう一度寸劇をやってみせるとかすればよかった。

内容理解は、和英対照になっているワークシートの穴埋めをすることで確認していた。高校のテキストは分量も多いので、内容理解に凝りすぎて時間を浪費して、練習時間を食いつぶすより、潔く日本語訳に対応した英文をしっかり確認し、読めるようにすることにフォーカスしたほうが賢明だといえる。その点、やはり教師根性が出てしまい、日本語訳に穴が空いていたり求めすぎていた感じがする。

その後の練習活動は、ALTによるコーラスリーディング、ALTらが巡回しながら生徒ペアでのsight translation、一文ずつ指名しての音読と続き、かなり念入りに練習が展開されていた。が、残念だったのは、ALTによるコーラス音読やペアのsight translationではほとんど指導が入らなかったことと、逆に一文音読では読んでいる生徒に近づいてしまい、その生徒ばかりに指導が入り、その他の生徒が放置状態になってしまったこと。

THやR/Lなど音素レベルの指導の試みはあったが、その生徒だけにかかりきりになり、全体へフィードバックされていなかったことが最大の問題点だったように思う。そこが改善されるだけで、全員が緊張感と意識を持って練習に望めたはずだ。

細かいことを言えば、

・モデル音読しながらウロウロするな
・単に訳語を確認して意味がわかったことにするな
・英語で出した指示をすぐにいちいち日本語で言い直すな
・音読や発言をさせるとき生徒をいちいち立たせるな
・指名は発問のあと、全員が考えるチャンスを作ってから
・「時間が余ったので」みたいな生徒の注意力を削ぐ発言をするな

みたいなことはあるけれど、残りの実習期間もいろいろ試行錯誤し、研究授業では達成感を味わえるといいね。

カテゴリー: 学校, 英語教育 | コメントする

ベトナム料理「1988 Quan」(巣鴨)

巣鴨で新しくオープンしたベトナム料理屋へ。いつも行くマッサージ屋の下の階。真面目そうな若い夫婦がやってる。確か以前は和風の居酒屋のような店があったところを、ちょっと改装して開店した模様。ちらちらと、居酒屋的な要素が垣間見られる。

注文したのはphở bòのセット850円、サラダ、揚げ春巻き、デザート付き。ランチのセットはすべて850円。日替わりは、厚揚げとトマトのチリソースだったか。フォーは薄味ながら、化学調味料に頼らぬ味はいいけれど、ライムの代わりにレモン、香草があまり入ってないのがちょっと不満。言えば出してくれそうな感じ。

食後に、隣の席で友人たちと思しきベトナム人グループが食べてるデザートが美味そうで注文。Sữa Chua Nếp Cẩmというらしい。

写真撮る前に、持ってきてくれたお店の若奥さんが、食べ方がわからないだろうと親切にも混ぜ混ぜしてくれちゃったので、写真はなし。甘く煮た黒米にナッツを混ぜ、その上からヨーグルトがかかっている。そこに別に供される砕いた氷をどんと入れ、シャクシャク混ぜて食べる。ヨーグルトは意外だけど、美味い。

駅から至近だし、ちょっとアジアンな気分のときには使えそう。

食べログのお店紹介

カテゴリー: | コメントする

鱧の天ぷらぶっかけうどん

舎人ライナーの西日暮里駅すぐ下にある讃岐うどん屋「ぶっかけや」で、うどんを食しました。この店、2015年に初めて紹介したときの記事はこちらをご覧ください。

今日は到着が昼近くになってしまい、既に満席で数分待たされました。季節のメニュー「鱧とわけぎの天ぷらぶっかけうどん」(880円)100円で大盛りに。梅の大根おろしが添えられていましたが、ちょっと分量が少なかったので、あとから鬼玉(80円)を追加しました。鬼玉というのは、お店自家製の唐辛子の坊主で、色は鬼のように赤くて恐そうですが、味わいのある辛さです。

店を出る頃には結構な行列ができていました。土曜は11:30頃までに入るのが無難です。日曜は休業なので注意。

カテゴリー: | コメントする

そりゃないよ、アップル君。

IMG_2917アップルストア銀座へ、まもなくAppleCareが切れる、奥さんが使ってるiPhoneのバッテリー交換に。そして受難。
「本人確認のために」、iPhoneを探すをオフにしろと。それにはAppleIDのパスワードが必要。朝、ロックをオフにしてもらっただけで、そんなものは当然聞いてきていない。
本人確認なら免許証でもできるし、シリアル番号から購入者情報引き出して紐付けられないのか?
そもそも、そんなことはジニアスバー予約時に注意喚起してないぞ。バックアップはしましたか?とか、システムは最新ですか?とか、どうでもいい注意喚起はするくせに。

追記

予約後に送られれくるメールに書かれてました。この件があってから見ましたけど。利用頻度が多く、慣れっこになtれるのも良くないですね。

交渉の余地はなさそうな感触で、埒があかないので、ならば使用者に連絡とってみるが、返事があるかどうかわからないので、それまでここで仕事させてもらう、と陣取り。ここで間抜けにも奥さんのiPhoneに電話して、手元の電話が鳴るという大失態。
職場に電話してもいいのだが、代表を通さねばならないし、騒ぎになるのも迷惑なので、PCで見られる複数のアドレスにメールを打ち、気長に待つことに。
バーテン諸君は手もとのiPadで状況を共有しているらしく、時折「連絡ありましたか?」などと声をかけてくる。
空腹に耐えられなくなるまで2時間半くらい居座って、仕事は超はかどる。しかも、電気代はかからず、涼しく快適、無線環境も抜群、電源あり。これなら朝から晩までいてもいい。
でも結局それまでにメールの返信はなく、腹も減りすぎたので、いったん店を出て牛丼をかっ込む。マジでこのまま閉店を迎えそうだったので、恥を忍んで職場に連絡、店に戻り、にっくきiPhoneを探せスイッチを切る。
最初に対応したバーテンが、先に診断テストだけでもやっておきましょう、とか言いながらいろいろやっていたことを、あとから対応に来たバーテンがまた野郎とするので、それ済んでるでしょ?と指摘。さっさと手続きをして、3時間後に修理が完了と。
家族の代理など、自分のAppleIDではないパスワードがかかった端末を凡才バーに持ち込むときには、ご注意を。
でも、「本人確認のため」っていうけど、事前にオフにして持ち込んだら、本人確認はどうするんだろう?受け取りのとき、意地悪質問してみるか。
カテゴリー: モノ, 雑考, 電脳 | コメントする

コンタクト選び

長年コンタクトレンズを使ってきて、老眼が入ってきてからは遠近両用レンズを使ってます。

老眼が微妙に進行してきたのか、ここしばらくは手元のものを読んでいると頭が痛くなると言うか気持ちが悪くなるような症状が出てきて眼科に相談し、レンズの度数や種類をいろいろ試して最適なものを模索中です。自分の備忘録として書いておきます。

これまで使用してきているのはJohnson & JohnsonのOne-Day Acuvue Moist Multifocal。度数は-6.5で、手元の加入土はLow(+1.25)。遠くの見え具合は良いのですが、これだと手元がにじむというか、ギラギラすると言うか、老眼的な見え方で疲れます。

ならばと、度数はそのままで、手元の加入土をMid(+1.75)にしたレンズをお試しにもらって装着してみたところ、手元の具合は申し分なくなりましたが、遠くの見え方がちょっと落ちる感じがしました。

遠近両用レンズの構造は、いろいろな方法で遠近二つの焦点を配置したレンズから見える情報を、脳がどちらかの情報を選択的に処理して、結果として遠くも手元も見えるようになる、という仕組みらしいです。

私の脳の処理が鈍いのか、レンズの構造に合ってないのかわかりませんが、どうしても手元の加入度を上げると遠くの見え方が落ちる感じがします。

素材や形状も影響すると言うことで、他のメーカーのものも試用させてくれました。

lenses

一つは、日本アルコンのDailies Total Multifocal。含水率が非常に高くて装着感がよく、遠近いずれの見え方も安定して出せるのが特徴だとか。確かに、装着感はOne-Dayに比べてぐっといい感じです。ただ、手元加入度Med(+2.00)だと手元の見え方はきっちり老眼的で、出来合いの老眼鏡(加入度+1.00)をかけるとぴったりよく見えました。ってことは、加入度が足りないってことか。

次に、以前にもらった試用レンズで、Bauch+LombのBie True One Day Multifocalというのが残っていたので、これを試してみました。度数は同じ-6.5、加入度はLow(+1.50)。これも装着感はDailiesと同様にいい感じで、遠方の見え方もくっきりはっきりしていますが、やはり手元が老眼的な見え方。やはり+1.5でも足りないのか。

それで、かつて2週間タイプを使っていた頃、手元加入度を間違えて注文したものがあることを思いだし、発掘して装着してみると、これがバッチリ。Dailiesと同じ日本アルコンの製品で、Air Optix Aqua Multifocalというもので、試したのは度数-6.5、加入度Hi(+2.50)。

optix.jpg

本当なら、加入度Hiはかなり高齢で老眼が進んだ人用なのですが、これがしっくりすると言うことはそれだけ老眼が進んでるってこと?それとも、加入度としてはそういう数値でも、デザインや材質との相互作用で、私にとってはそれが適切な度数ってこと?

2週間装用と言っても、入れっぱなしと言うわけではなく(前科1犯)、毎日外して洗浄するので、ちょっと面倒だし、出張時なども荷物がかさみます。同じ設計と材質なので、これのDailiesを使おうかな。

いずれにしても、以上の試用レポートを次の診察で報告し、最適レンズの処方箋を書いてもらおうと思います。

追記(2018.07.30)

度数がピッタリ合うのは2 WeekのAir Optixなのでそれを装着していますが、やはりOne Dayに比べてレンズの厚みがあるのか、ゴミが入ってコロコロする感じが多く発生しました。逆に言えば、One Dayタイプの場合は同じようにゴミが入り眼に負荷がかかっていても、レンズの薄さで吸収してしまって気づかない、ということかもしれません。

その後の展開

体調や天候にも左右されるのか、いいと思ったレンズも、やはり今ひとつ、なんていうのらりくらりな患者に根気よく付き合ってくださる若奥様先生。

前回テスト用に出してもらったDailies Total-One Multifocal(-6.5, Hi加入2.5)を試してみたところ、やはり手元がギラついて醜い状態だったこと、遠くの見え方はOne-Day Acuvueに比べてぐっと見やすくくっきりしていることを報告。Air Optixとは素材も設計も異なるのか、数値を合わせても同じような見え方にはならない。

報告を聞いて、近視矯正度を下げてみることを提案され、0.25、0.5と落としてみながら再度視力検査。いずれも1.2は出ている。そこで、Multi Focalのレンズも-5.5まで落とし、加入度Med(+2.0)にしてみたところ、遠近ともにスッキリ見え、特に手元のギラツキはなくなった。

すぐにでも購入して帰ろうと思ったら、在庫はなく、取り寄せになるらしい。1箱4400円。取り寄せたのを受け取りに来るまでに調べて、ネット通販で安く買えそうな所があればそっちで購入するように処方箋を書いてくれると、とことん患者思いの対応。ありがたい。

試用レンズの数々

カテゴリー: カラダ, モノ | コメントする